やしろツアーズ5 田村淳が教える大阪・住吉大社

2018年12月2日・日曜日のやしろツアーズ5では、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが年末年始に訪れたい神社を紹介していました。意外と知らないウンチクや参拝方法など、年始が迫る今だからこそ知っておきたい情報は必見です。



やしろツアーズ5

大阪・住吉大社


全国におよそ2300社ある住吉神社の総本社「住吉大社」は、初模での参拝客が大阪では1位の神社となっています。
住吉大社が造られたのは西暦211年(弥生時代後期)といわれています。
こちらには4柱の神様が祀られています。
航海安全の神様で、奈良時代の遣唐使を派遣する際にもこちらでお参りをしていたそうですよ。

石燈籠

駅の高架下ではありますが、石燈籠があり、さらに路面電車の向こう側がすぐにお社と、とても珍しい作りとなっています。

西大鳥居

いくつかの入り口がありますが、参拝者のほとんどは、この西大鳥居をくぐって境内にはいっていきます。

ちなみに、正しい鳥居のくぐり方は、鳥居の前で一礼して端をくぐるのが正解です。

反橋

鳥居をくぐると最大傾斜45度の反橋が現れます。
この橋が反っているのは、地上の国と神の国をつなぐ架け橋だからと言われています。
水の上を歩くと「禊」=参拝前に「穢れを清められる」と考えられて、水の上に橋がかけられています。
60年前まで階段はなく、穴に足を引っ掛けて登ったそうです。

本宮

住吉大社の本宮は4つの本宮に分かれていて、4柱の神様がそれぞれの本宮に祀られています。
参拝の順番は決まっていませんが、住吉大社の神事では第一本宮から順番に参拝するそうです。

本宮の中に鳥居「住吉鳥居」がある珍しい造りとなっていて、四角い柱が特徴です。

住吉大社の参拝方法は2拝2拍手1拝です。

住吉大社・大人気スポット

住吉大社の大人気スポット「五所御前」の中には小石がたくさんあります。小石には「五」「大」「力」と書かれた石があり、この3つの石を集めると、体力・智力・財力・福力(幸福)・寿力(長寿)を授かると言われています。
この小石に「願い」言いながら「袋」に入れてお守りにすると願い事が叶うと言われています。
願い事が叶った場合は、近所で拾った石に「五・大・力」を書いて、その石と一緒に「倍返し」にして「五所御前」に返すのが決まりです。

オススメ記事一覧(一部広告含む)

やしろツアーズ, 旅行

Posted by morimugi