梅沢富美男のズバッと聞きます!きくち体操・冷え性改善でポカポカに!肩こりにも効く!梅ズバ!

梅沢富美男のズバッと聞きます!, 生活

2018年12月26日・火曜日の梅沢富美男のズバッと聞きます!では、きくち体操のやり方を紹介していました。真冬にピッタリのテレビを見ながら出来ちゃう簡単冷え対策の体操は必見です。



きくち体操

きくち体操のモットーは寝たきりや車椅子の生活ではなく、死ぬまで自分の足で生きていくこと!
体育教師であった菊池先生が骨格や筋肉の仕組みを独学で勉強し、その時だけのブームで終わらない死ぬまで自分の足で生きていく体操にたどり着いたそうです。

冷え対策①足首回し

ふくらはぎやひざの血行を良くし、冷え性改善に効果的です。
寝起きの足にピッタリの体操です。

1.片足をひざの上に乗せます。

2.手の指と足の指をシッカリと握手します。

3.1回転8秒を10回繰り返します。

POINT!

膝をおろして、横に向けるように気をつけましょう。

冷え対策②指回し

指先には多くの毛細血管があるため、血流が促進され、冷え性改善に効果的です。

1.両腕を肩の高さに上げ、親指だけを4回まわします。

2.反対まわりも4回まわします。

冷え対策③手のひらずらし

指の付け根を刺激することで、血行を促進し、冷え性改善に効果的です。

1.両手を肩の高さに上げ、手の平を押し付け合うように握ります。

2.指に力を入れたまま、手の平を10回ずらします。

POINT!

普段の生活で使わない場所を動かすことで、一生使える体を作ります。

冷え対策④小指合わせ

冷えで凝り固まった腕と肩の血行が促進され、肩こり改善にも効果的です。

1.ひじをまっすぐ伸ばしたまま、両手を上げ手の平を上に向けた状態で、小指を合わせます。

2.腕を内側にねじって、手の平を外側に向けた状態で小指を合わせます。これを10回繰り返します。

POINT!

小指がしっかりと触れ合っているかがポイントです。

冷え対策⑤ひじ合わせ

ひじを合わせることで、肩甲骨のまわりの筋肉をほぐすことができ、肩こり改善にも効果的です。

1.ひじを直角に曲げ、肩の高さまで上げます。

2.そのままひじを胸の前で合わせます。この動きを10回繰り返します。

その他のきくち体操もオススメ!

オススメ記事一覧(一部広告含む)