たけしの家庭の医学・言語力の衰え予防・改善法

2018年12月25日・火曜日の名医とつながる!たけしの家庭の医学では、言語力の衰えの予防方法・改善する方法を紹介していました。



脳の衰えの予防・改善方法

言語力は、言葉の理解(インプット)する力と、言葉を話す(アウトプット)力からなります。

このアウトプットが衰えていると、うまく条件に当てはまるものが出てこないそうです。
この言語力の衰えが進むと、コミュニケーション自体が難しくなることがあるそうです。

言語力をアップさせるには、普段から様々餡言葉のインプットとアウトプットをしておくことが大切です。

改善・予防法 新聞の音読

そこで、新聞の音読をすることで言語力の衰えを予防・改善することが期待できます。

声に出して新聞を読むようにしましょう。
新聞以外でも、好きな本やスーパーのチラシなどでもOKです。

声に出して読むことで、より言語中枢の活性化が期待できます。

言語力の衰えテスト

紙とペンを用意して、「海にいる生き物」を思いつく限り書き出します。
1分間を制限時間とし、10個以上書き出せていれば心配なしなのだそうです。
10個以下の方は、このトレーニング方法を実践してみてはいかがでしょうか。

さらに、記憶力の衰えの予防・改善方法もチェックしてみてください。

認知症についての記事もオススメです。

オススメ記事一覧(一部広告含む)