世界一受けたい授業!認知症チェックとアルツハイマー病予防と改善方法

2018年11月3日・土曜日の世界一受けたい授業では、1分で出来る認知症チェックを行っていました。アルツハイマー病の早期発見と予防方法は必見です。



認知症

認知症は高齢者の6人に1人が発症する危険性があるそうです。男性に比べて女性の方が2.7倍ほど発生率が高くなるそうです。
アルツハイマー症を発症すると、嗅内皮質という嗅覚に関わる部分が萎縮するため、記憶障害より先に嗅覚の低下が現れるそうです。

アルツハイマー病改善方法

回復が難しいといわれていたアルツハイマー病ですが、「アルツハイマー病 真実と終焉」の著者 デール・ブレデセン先生の研究で初期の段階だと90%は治療によって回復することが分かっています。
デール先生が考案した3つの方法を紹介していました。

食事

ブロッコリー・鮭・きのこなどは、脳の毒素を排出してくれる食材です。さらに、チーズやキムチなどの発酵食品は体内の菌のバランスを正常化することで脳に栄養が行きやすくなります。
そして、オリーブオイルやアボカドなどの不飽和脂肪酸の食材は脳の機能向上、活性化させる効果があります。
さらに、1日1個卵を食べることも効果的です。
食事時間にも気をつけると効果的です。夕食から朝食の間を12時間あけると良いそうです。

睡眠

1日の睡眠時間は7~8時間が理想です。それ以下になるとアルツハイマー病のリスクが高まります。

運動

アルツハイマー病の改善には有酸素運動の他に、筋トレが重要です。筋肉の量を増やすことで、テストステロンが作られ、記憶を司るニューロンが活性化し認知機能がアップします。

認知症チェック

認知症は軽度認知障害(MIC)と言われる認知症予備軍の段階で発見することができれば、対応次第で発症を防げる可能性があります。
このMICを家庭で簡単にチェックできる(スマヌ法)をテストしてみましょう。
「スマヌ」を背中に指で書き、何が書かれたかを当てます。
6回中、半分以上間違えたらMICの疑いがあります。




世界一受けたい授業, 生活

Posted by morimugi