世界一受けたい授業【カニの卵黄ソース/みそバターソース】INUAレストランレシピ(3月2日)

レシピ, 世界一受けたい授業

2019年3月2日・土曜日の世界一受けたい授業では、世界一予約の取れないレストラン「INUA」のヘッドシェフ・トーマスフレベルさんが【カニの卵黄ソース/みそバターソース】を紹介していました。一工夫でカニが食べたことのないお料理に変身します。作り方とポイントを詳しく紹介したいと思います。



カニの卵黄ソース/みそバターソース

卵黄ソースや味噌バターソースだけで一味違ったお料理に!

材料

カニ

《卵黄ソース》

しょう油漬けした温泉卵の黄身

生卵の卵黄

《味噌バターソース》

味噌

バター

作り方

1.卵黄ソースを作ります。しょうゆ漬けした温泉卵の黄身・生卵の黄身を泡立て器でよく混ぜ合わせます。

2.味噌バターソースを作ります。鍋にバターを溶かし、味噌を加えて混ぜ合わせます。

3.カニを沸騰した鍋に入れたら、弱火で茹でます。
(POINT①)

4.茹で上がったカニは身をすくい器に盛り付け、②の味噌バターソースを少しかけ、①の卵黄ソースをカニの身の周りにかけます。仕上げにハイビスカスの花を散らしたら完成です。
(POINT②)




POINT!

①カニは弱火にしてじっくり茹でることでジューシーに仕上がります。

②ハイビスカスの花は、スーパーで売っているハイビスカスティーをすり鉢などですれば代用できます。

INUA

グルメ界のアカデミー賞「世界のベストレストラン50」で1位を4度も獲得したデンマークの一流レストラン「noma(ノーマ)の味が日本の飯田橋「INUA(イヌア)」で味わえます。
日本版ノーマと言われるイヌアは食通の間で話題となっています。
メインダイニングから丸見えの厨房はシェフの熱気が感じることができます。

まとめ

茹でる時にもポイントがありました。
日本ではあまりない、ひと味違ったレシピをぜひ試してみてください。

オススメ記事一覧(一部広告含む)