世界一受けたい授業!冬に効果的な鍋レシピまとめ【イタリアン風サバ缶鍋・カレー鍋・花椒&唐辛子のシビレ鍋・スペアリブ鍋・海苔豆乳鍋】(2018/12/1)

レシピ, 世界一受けたい授業

2018年12月1日・土曜日の世界一受けたい授業では、冬に発症しがちな風邪・冷え性・乾燥肌、さらには冬太りに効果的なお鍋のレシピを紹介していました。ポカポカ美味しいお鍋で冬の気になるカラダの改善を目指せます。作り方とポイントを詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

効能別オススメ冬鍋レシピ

それぞれの効能と作り方をまとめます。

風邪に効果的!【カレー鍋】

体温が下がると免疫力が低下してしまいます。
カレーのスパイスに含まれるウコンには抗酸化作用があり免疫力を高めてくれます。

〆は茶碗蒸しで、2度楽しめます。

材料

カレー粉・・・大さじ1
玉ねぎ・・・1/2個
人参・・・1/3本
キャベツ・・・半玉
豆苗・・・適量
ニンニク・・・1片
生姜・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ1
カットトマト・・・1/2缶
しめじ・・・1/2袋
塩・・・少々
醤油・・・小さじ1
豚バラ・・・100g
コンソメ・・・2粒
水・・・600ml

作り方

1. ニンニク・ショウガはすりおろし、その他の具材は食べやすい大きさに切ります。

2.鍋に水・カットトマト・コンソメを入れ煮立てます。

3.②にカレー粉・①ですりおろしたニンニク・生姜を加え、温まってきたら①で切った玉ねぎ、キャベツ、人参などの具材を入れ煮ます。

4.③の具材のカサが減り、具材が柔らかくなってきたら豚肉を加え、塩、醤油で味を整え、豆苗をのせたら完成です。

〆の茶碗蒸しの作り方

1.カレー鍋の残り汁を沸騰させます。

2.①に溶き卵を加えてまんべんなくかき混ぜて、フタをし、弱火で5分ほど火を通したら完成です。

冷え性に効果的!【シビレ鍋(花椒&唐辛子鍋)】

日本人女性の8割が冷え性だといいます。
寒くなると血管が収縮し、体温維持のため、体の中心に血液が集まります。
そうすると、末端冷え性となり、寒さを感じやすくなるそうです。

材料

《汁のベース》

黒酢・・・大さじ3
鶏ガラスープ・・・700ml
生姜(すりおろし)・・・1片
ニンニク(すりおろし)・・・2片
唐辛子・・・小さじ1
醤油・・・大さじ1
花椒・・・大さじ1/2
豆板醤・・・小さじ1

《具材》

豚バラ・・・200g
キャベツ・・・1/2個
絹豆腐・・・180g
長ネギ・・・1本
しいたけ・・・5個

《シビレ調味料》

花山椒の粉・・・適量
ごま油・・・大さじ1
ラー油・・・小さじ1
万能ネギ(小口切り)・・・1本

作り方

1.具材は食べやすい大きさに切ります。

2.鍋に《汁のベース》の材料を加え火にかけます。

3.②が温まったら《具材》の材料を加え煮ます。

4.③に《シビレ調味料》の材料を加えてサッと煮込めば完成です。

POINT!

黒酢を加えることで効果がアップするそうです。
辛さの加減はお好みで行ってください。

乾燥肌に効果的!【スペアリブ鍋】

乾燥や寒さによって肌の代謝が低下する冬は、シワやくすみができやすくなります。
そこでスペアリブです。
スペアリブには肌を潤し、再生を促すコラーゲンが多く含まれています。
さらに、ウーロン茶で煮込むことで美肌効果をアップさせてくれます。
ウーロン茶に含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、肌の老化を抑制してくれる効果があります。
ウーロン茶でスペアリブを煮込むと肉汁と茶葉の風味がマッチして美味しいのだそうです。

材料

スペアリブ・・・300g
大根・・・1/3本
しいたけ・・・5個
かいわれ大根・・・適量
にんにく・・・3片
生姜・・・1片
にんにく・・・1片
生姜・・・1片
八角・・・2角
黒胡椒・・・適量
塩・・・小さじ1
薄口醤油・・・小さじ1

ウーロン茶・・・600ml

作り方

1.スペアリブを下ゆでし取り出しておきます。具材は食べやすい大きさに切ります。

2.鍋にウーロン茶・ニンニク・生姜・八角・黒胡椒・塩・薄口醤油を入れ①のスペアリブを煮込みます。

3.スペアリブを1時間ほど煮込み、柔らかくなったら大根・しいたけを入れ再び煮込みます。

④ 大根が柔らかくなったら、かいわれ大根をトッピングして完成です。

冬太りに効果的!【海苔豆乳鍋】

冬は体温維持のため、糖質を欲する傾向にあります。
さらに、寒くて動くことが億劫になり、運動量が低下するため、体重が増加するケースが少なくありません。
海苔に豊富に含まれる食物繊維には糖の吸収を抑制し、腸に溜まった老廃物を排出してくれる効果もあります。
さらに豆乳を加えることで、豆乳に含まれるタンパク質が脂肪燃焼させる効果が期待できます。
味もまろやかになりますよ。

材料

焼き海苔(大)・・・5枚
白菜・・・1/3個
豚バラ・・・150g
白ネギ・・・1本
しいたけ・・・5個
えのき・・・1/2袋
豆腐・・・90g
昆布だし
薄口醤油・・・大さじ1
水・・・600ml
豆乳・・・200ml

作り方

1.具材は食べやすい大きさに切ります。

2.鍋に水・昆布だし・薄口醤油を加えて汁を作り、白菜、白ネギ、しいたけ、えのき、豆腐を入れて煮ます。

3.②が沸騰してきたら、豚バラを入れ、火が通ったら海苔を大量に加え柔らかくなってきたら火を止めます。

4.③に豆乳を加えて温めたら完成です。
(POINT①)

POINT!

①豆乳は加熱しすぎるとタンパク質が固まってしまい、それによって体脂肪の燃焼効率を低下させてしまいます。
豆乳は仕上げに入れるようにしましょう。

関節痛に効果的!【イタリアン風サバ缶鍋】

野菜に含まれるビタミンKとサバに含まれるビタミンDがカルシウムとともに骨を丈夫にしてくれるそうです。
さらに、サバに含まれるオメガ3脂肪酸という成分には抗炎症作用があるため、関節痛にうってつけの食材だそうです。

材料

鯖の水煮缶詰・・・1缶
キャベツ・・・1/2個
カットトマト・・・1/2缶
ニンニク・・・2片
生姜・・・1片
チーズ・・・適量
パセリ・・・適量
コンソメ・・・2粒
コショウ・・・少々
水・・・600ml

作り方

1.ニンニクと生姜はすりおろし、その他の具材は食べやすい大きさに切ります。

2.鍋にキャベツ・すりおろしたニンニク・生姜・水を加えて沸騰させます。

3.キャベツがしんなりとしてきたらコンソメを加え、コンソメが溶けたら鯖缶を汁ごと加えます。

4.サバも温まったらカットトマト・チーズを加え、チーズが溶けたら仕上げにパセリ・コショウを振って完成です。

まとめ

効能別の冬にピッタリのお鍋です。
カラダに優しく、美味しいレシピは大活躍しそうですね。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)