世界一受けたい授業 5秒筋トレ!ぽっこりお腹を撃退!内臓脂肪を減らす!

2018年12月1日・土曜日の世界一受けたい授業では、5秒で内臓脂肪を減らす筋トレ方法を紹介していました。



内臓脂肪を減らす筋トレ

子供にも大人にも危険がある内臓脂肪の増えすぎを解消するには、基礎代謝を上げ、脂肪を燃焼しやすい体を作ること、お腹周りの筋肉を鍛え、内臓脂肪を締め付けるようにするのが大事です。

話題の5秒筋トレを2週間行うだけで、食事制限もなく引き締まった体を手にすることができます。

5秒筋トレの大事なPOINT!

①頭の中でシッカリと意識することです。
例えば、立ったまま行う5秒筋トレでは、お腹で空き缶を潰すイメージをしながらすることで一般的な腹筋運動の5倍以上の運動量が期待できます。

②筋肉に話しかける。
そうすることで、より意識が筋肉に集中し、効果がアップするそうです。

③呼吸を意識します。
息を吸うときに、お腹をひっこめ、息を吐くときにお腹を膨らます 逆腹式呼吸を行うことで、交感神経が優位になり、精神を緊張・興奮させる効果があります。



腹斜筋を鍛えてぽっこりお腹を撃退!

腹斜筋は、日常生活であまり使わない筋肉なので余分な脂肪が付きやすい場所でもあります。

やり方

①足を肩幅に開き、膝を曲げながら体を前に倒します。

②右手を軽く握り口元へ、左の手は地面を指さします。

③2の状態から、息を吸いながら天井に向かって、左の方へひねります。
ひねりきったところで、息を吐きだします。

POINT!

  • この状態でイメージするのはスーパースター!
  • 息を吐くときは腹斜筋を押しつぶす感覚を意識します。
  • 左右各々10回を1セットとして、1日3セットを目安に行います。

腹直筋・腹横筋を鍛える

腹直筋はシックスパックと言われる筋肉で、腹横筋はインナーマッスルです。この筋肉が弱るとビール腹になります。

やり方

①背筋を伸ばして真っ直ぐに立ちます。

②親指でおへその横、左右3cmのところを押さえながら息を深く吸い込みます。

③吸い込んだ息をフッ・フッと分けて吐きながら5秒間、おなかで親指を押し返します。

POINT!

  • 息を吐く時は、風船をフーッと膨らませるようなイメージをしながら行います。
  • 1日3回を目安に行います。

腸腰筋

腸腰筋が弱ると姿勢が悪くなり脂肪がつきやすくなります。

やり方

①仰向けになり、拳を重ね、その上に頭を乗せます。

②左足のつま先の上に、右足のかかとを乗せます。

③息を吐きながら、左足を上、右足を上と5秒で5歩進めます。

④天井まで達したら息を吸い、同じように息を吐きながら5秒かけて5歩で元に戻ります。

POINT!

  • お腹の上に熱湯が入った器をイメージして、熱湯をこぼさないように意識しながら上体をひねらずに足を入れ替えてください。
  • 10往復で1セット・1日2セットを目安に行います。




まとめ

イメージすることが大切ですね!
内臓脂肪を最速で落とす方法もオススメです。

オススメ記事一覧(一部広告含む)

世界一受けたい授業, 生活

Posted by morimugi