ぴったんこカン・カン 吉田羊さんの酒場放浪記!おでん&イベリコ豚&アジフライ&芋煮&大衆酒場

2018年12月7日・金曜日のぴったんこカン・カンでは、都心からのアクセスが良い下町情緒の残る町並みが人気の門前仲町で吉田羊さん・江口のりこさんが飲み屋さんはハシゴしていました。巡ったお店は全て絶品のお料理とお酒が楽しめる、年末にも使えるお店ばかりでした。

門前仲町

イベリコ・バル門仲

スペイン食材の輸入商社が出がける本格的なスペイン料理店です。
最上級のイベリコ豚を2年以上熟成させ、甘みと香りが引き出された【最上級生ハム イベリコ・ベジョータ(2500円)】は目の前でカットしてくれます。

さらに、イベリコ豚の鉄板焼き【本日のプランチャ盛り合わせ(2人前/2300円)】は歯ごたえのある筋肉質の赤身にはイベリコ豚の旨味がぎっしりです。

富岡水産 食堂 富水

創業70年以上の富岡水産が経営する「食堂 富水」は、鮮魚店ならではのお魚を使ったお料理が大人気のお店です。
千葉勝浦で獲れた金目鯛を豪快に使った煮付け【金目鯛 煮付け(2200円/大きさによって値段が異なります)】や、お店で一番人気の【アジフライ(1080円/数に限りがあります)】は、肉厚で新鮮なアジをサクサクに揚げた、こちらに来たら外せない1品など、お酒の進むお料理が満載です。

ナイスアイディア


辰巳新道という戦後そのまま残っているような路地にある「ナイスアイディア」では、他にはない一風変わったおでんが楽しめます。

牛肉・昆布・エビ・カニ・魚のアラなどから取った特製の出汁を新鮮なマグロに染み込ませ、粗塩とおろしたてのわさびをつけて頂く【マグロとメカジキのおでん(500円)】や、ネギ・しらす・ゴマ・めかぶ・野沢菜・カキが入っている巾着【ねぎばくだん(500円】などオリジナルあふれるネタはどれも絶品です。

さらに、一頭からわずかしかとれない、フランケンという牛バラ肉の1部をコラーゲンたっぷりのスープで煮込んだ【もつ煮込み(600円)】も酒飲みにはたまらない1品です。

酒彩処 とも


カラオケが楽しめる酒場、「とも」は、家庭料理はもちろん、地元の食材をわざわざ取り寄せて作る山形県の郷土料理【いも煮(500円)】は絶品です。

山城屋酒場


お店を始めて100年近く経つという大衆酒場「山城屋酒場」は、元祖「酒場放浪記」の吉田類さんの行きつけでもあるそうです。
豊富なメニューと、価格も酒好きの懐に優しいとあって、駅から離れていても連日大盛況のお店です。

人気のメニューは【ハムカツ(410円)】や【白子鍋(1150円)】などおつまみにもご飯にもピッタリのお料理が揃います。
吉田類さんのオススメは【ポテトサラダ(280円)】と【ウィンナー炒め(480円)】【本マグロの中落ち(650円)】です。
ポテトサラダはこれを食べるだけでお店の味がわかるそうです。

POINT!

門前仲町には有吉ゼミで紹介された激辛チャレンジグルメのお店などもあります。ノスタルジックな雰囲気と豊富な楽しめるグルメが目白押しですね!

オススメ記事一覧(一部広告含む)

ぴったんこカンカン, グルメ

Posted by morimugi