ノンストップ【サバとカブのさっぱり煮】笠原将弘レシピ

2018年9月11日・火曜日のノンストップ内のコーナー「笠原将弘のおかず道場」では【サバとカブのさっぱり煮】を紹介していました。
脂ののったサバと旬のカブで秋の味わいが楽しめます。サバの下ごしらえがポイントです。



【サバとカブのさっぱり煮】レシピ

材料(4人分)

  • サバ(切り身)・・・4切れ
  • カブ・・・4個
  • 塩・・・少し

《a》

  • 水・・・2+1/2カップ
  • 酢・酒・・・各1/2カップ
  • しょう油・・・80cc
  • 砂糖・・・大さじ4
  • 昆布・・・5g

《b》

  • すりごま(白)・しょう油・砂糖・・・各大さじ1

作り方

1.サバは包丁で皮目に1cmほどの間隔で切れ目を入れ、沸騰した湯にサッとくぐらせ表面が白くなったら氷水にとり汚れを洗います。ペーパータオルで水気をシッカリと取ります。

2.カブは皮をむいて半分に切り、茎は小口切りにします。

3.鍋に《a》の材料を加えてひと煮立ちさせ、サバを皮目を上にして入れ、カブの実も加えて再び煮立ったらアルミ箔で落とし蓋をして弱火で10分ほど煮ます。

4.煮ている間に、カブの茎を塩もみして水気をシッカリと絞りボウルに入れ《b》の材料で和えておきます。

5.③が煮上がったら器に盛り付け、煮汁をはり、④のカブの茎をのせて完成です。