名医の太鼓判!梅干しとしらすの出汁茶漬けで骨粗しょう症予防&背骨のゆがみ改善

名医のTHE太鼓判!, 生活

2018年9月17日・月曜日の名医のTHE太鼓判では背骨のゆがみを改善して腰痛や肩こりを徹底改善する方法を紹介していました。背骨が歪めば肩こりや腰痛、内臓疾患など、全身の様々な身体の不調につながる可能性があります。
カルシウの吸収率をアップさせて骨粗しょう症予防し、背骨のゆがみを改善させられます。




スポンサーリンク

【梅干し&しらす】

梅干しに含まれるクエン酸がカルシウの吸収率をアップさせてくれます。
さらに、しらすと一緒に食べ合わせることでカルシウの吸収率は約1.5倍増加します。さらに、しらすにはビタミンDも多く含まれているので、より骨を強くしてくれます。

【梅としらすの出汁茶漬け】レシピ

1.ごはんの上に千切りにした大葉を散らします。

2.しらす、たたいた梅干しをのせて出汁をかけ完成です。

✱POINT✱
●1日で必要なカルシウの量は牛乳瓶3本分ですが、このレシピのみで1日分のカルシウを補うことが出来ます。
●この時、塩分が入っていない和風だしを使用します。出汁を取る時間が無い時は、かつお節をかけてお湯を注ぐだけでOKです。



スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)