名医の太鼓判!尻トレ「カエルのポーズ・ダチョウ歩き・カニ歩き運動」腰痛改善予防に!

名医のTHE太鼓判!, 生活

2019年2月25日・月曜日の名医のTHE太鼓判では、腰痛・冷え性・睡眠を改善のカギを握るお尻の鍛え方を紹介していました。この方法を行えば腰痛改善と予防に効果的なのだそうです。



お尻を鍛える

おしりが衰えると腰痛・冷え性・睡眠に影響を及ぼすといいます。
たれ尻を治すことで、腰痛の改善・予防になります。

カエルのポーズのやり方

1.うつぶせになり、カエル泳ぎのように両脚を大きく開き、足の裏を合わせます。

2.お尻を締めながら、ヒザを床から1cmだけは上げ、そのまま15秒キープします。

※1日3セット行います。

ダチョウ歩き運動

1.中腰になったままの姿勢で前後に歩きます。

POINT!

なるべくお知りの高さを上下しないようにします。

カニ歩き運動

しっかりと胸をはり、おしりを出したまま横歩きします。

おしりがたれると・・・

お尻のぜい肉が多く、筋力が衰えることでたれ尻となってしまいます。
お尻の筋力が衰えることで、姿勢が安定せず腰痛の原因となってしまいます。

まとめ

お尻とは意外な場所ですが、腕や足ばかりに目を向けすぎていることが多かったかと思います。
意外とすぐに効果があるようなので挑戦してみてもやりがいがありそうですね。

オススメ記事一覧(一部広告含む)