マツコの知らない世界「新大久保グルメ」タットリタン・スンドゥブチゲ・チヂミ

2018年11月13日・火曜日のマツコの知らない世界では、新大久保グルメの世界を紹介していました。今や原宿に代わるインスタ映えグルメの発信地の新大久保ですが、昔ながらの絶品韓国料理も見逃せません。2000軒以上の韓国料理を食べ歩いてきた八田靖史さんが絶品の韓国料理を紹介してくれました。



新大久保グルメ

最新の新大久保グルメ

今イチオシの大行れるインスタ映えグルメ!

市場タッカルビ


鶏肉や野菜にトロトロのチーズを絡ませて食べる、今大人気の【チーズタッカルビ(2,678円)】

昔ながらの韓国料理

オモニ(お母さん)が作る定番韓国料理が味わえるお店です。

テーハミング【モドゥムジョン】


新大久保の奥まった住宅街にあるテーハミングでは、【モドゥムジョン(1780円)】が頂ける人気店です。
モドゥムジョンとは、チヂミに近い食べ物で韓国では定番の料理です。
季節によって食材がことなりますが、キムチ、韓国コクかぼちゃ、白身魚のジョンの盛り合わせです。
小さいと作るのに手間がかかるため、日本の韓国料理店では、大きいチヂミが主流になっているそうです。

美名家 ヤンニョムカリビ


新大久保駅から徒歩5分のところにある「美名家」では名物の【ヤンニョムカリビ(2,160円)】が味わえます。
このヤンニョムカリビは美名家のオリジナルの料理で、片栗粉で揚げたホタテに自家製の梅シロップを加えたヤンニョムソースを絡めたヤンニョムチキンをホタテに変えた料理です。
大ぶりで淡白なホタテと濃厚なソースの組み合わせたが絶品です。

チャムナム家 タットリタン


韓国では定番の家庭料理【タットリタン(3,240円)】は、鶏ダシにしょう油やコチュジャンを加えたピリ辛スープに鶏肉やじゃがいもなどを煮込んだ肉じゃがのような料理です。
シメにはお好みでラーメンかうどんを入れるそうです。

全国の韓国料理

全国のコリアンタウンにも韓流ブームの影響が広がっています。ブームにはなっていませんが、全国にも絶品の韓国料理があります。

東光 ドゥブチゲ


東京・田町にある「東光」の【ドゥブチゲ(1620円)】はスンドゥブチゲの元祖だそうです。
よくあるスンドゥブチゲは赤唐辛子を使ったものが多いのですが、こちらのチゲは青唐辛子をたっぷりと使っています。
煮干し・昆布・魚介のダシに牛骨スープを加えた深みのある味に、刻んだ青唐辛子をふんだんに使いダシの旨味と辛さが味わえるようになっています。

きよし【トンバリチョッカル】


韓国でも食べられることが少ない【トンバリチョッカル(1058円)】は、チョッカルは韓国南部の祝い事の際、食べられる料理だそうです。
トンバリとは、サメのことで、新鮮なサメにしょう油とごま油をつけ、串焼きにした素朴な味の料理で、他に豚肉・牛肉のチョッカルも定番だそうです。
韓国南部のチェジュ島の料理を食べれるお店は少ないそうです。




✱POINT✱

インスタ映えする最新新大久保グルメもオススメです。

オススメ記事一覧(一部広告含む)