マツコの知らない世界【栗スイーツ】茨城県・モンブラン・栗蒸し羊羹・甘露煮

2018年9月18日・火曜日のマツコの知らない世界では【栗スイーツ】の世界を特集していました。
10年間栗のことだけしか考えていない竿代信也さんがオススメする、この秋食べたい職人が作る絶品栗スイーツの数々は必見です。



【栗スイーツ】

竿代信也さんのお店「モンブランスタイル」

竿代信也さんのお店。鮮度が命の栗を素早く加工して出来たてのモンブランが味わえる日本で唯一のモンブラン専門店です

山形・白鷹町「やまり菓子舗」

明治42年創業の老舗和菓子店です。

栗蒸しようかん(1本2,900円)

著名人の方もこぞって予約するという有名な栗蒸しようかんです。羊羹と栗に一体感があり、シットリとした食感となっている創業100年の老舗の6代目が作っている幻の1品です。
北島三郎さんや長嶋茂雄さんなどがご贔屓のお客様だそうです。
12月までの期間限定発売となっています。



茨城県・水戸市「フランス菓子 ルブラン」

茨城県水戸市で洋菓子店を40年営まれています。

【レジオン・ド・マロン 岩間70%】(1本5000円)

生地と栗との一体感が素晴らしい1品です。1日数量限定となっています。

茨城県・笠間市「岩間の栗や 小田喜商店」

全国の名店が仕入れる栗加工メーカーさんです。和菓子の老舗のとらやさんもこちらで仕入れているそうです。秋になると全国の和菓子屋さんや洋菓子屋さんがこぞって、こちらにくるくらい凄いお店です。栗を大切に扱うために全て手作業でされています。

栗 甘露煮(1,926円)

伝説の加工職人が作る甘露煮は栗そのものの味を生かすため、収穫時期や品種によって煮る時間を変えているそうです。

栗菓子・ぎゅ(3個セット 2,063円)

栗と砂糖だけで加工された、まさに「ぎゅ」としているお菓子です。※年内品薄となっています。



オススメ記事一覧(一部広告含む)