マツコの知らない世界【こしょう✕お茶漬け】納豆やジャムパンなどこしょうと合う意外な料理まとめ

グルメ, マツコの知らない世界

2019年2月19日・火曜日のマツコの知らない世界では【こしょう】の世界を紹介していました。365日胡椒を食べるというペッパー夫妻・林さんが、こしょうに合う料理を提案していました。こしょう✕お茶漬けはマツコさんも絶賛の1品です。



スポンサーリンク

こしょうに合う料理

こしょうで98%美味しくなる!ペッパー夫妻がオススメする、こしょうと相性の良い料理と食べ方を紹介します。

お茶漬け✕こしょう

器にご飯をよそい、市販のお茶漬けの素をかけお湯を注ぎます。
そこへ、3〜4回ほど黒こしょうを振ります。
お酒を飲んだ後など、とてもサッパリとして美味しいのだそうです。
和風だしにこしょうが溶け、後味が爽やかになり違和感なくいただけます。

焼き芋✕こしょう

焼き芋の中でも最も甘い安納芋に細かめのこしょうがオススメです。
マツコさんもたっぷりとかけても違和感なく頂いていました。

お寿司✕こしょう

お寿司にこしょうは美味しいのだそうです。
とくに、貝類や白身魚など淡白なお魚にワサビ代わりに粗挽き黒こしょうをかけて頂くとパンチのある味になるそうです。

ジャムパン✕こしょう

トーストしたパンにジャムを塗って、粗挽き黒こしょうを振ります。
ジャムの甘さの中に、たまにジャリッとくる黒こしょうの香りが逆に甘さを引き立ててくれます。
特にイチゴがオススメなのだそうです。



餅&はちみつ✕こしょう

焼いた餅にはちみつをかけ、黒こしょうを振ります。
甘いピザのような味になるため、3時のおやつにもピッタリです。

納豆✕こしょう

カラシの代わりに納豆に細かめの黒こしょうを多めに振って混ぜ合わせます。
タレが半分で済むため、減塩効果もあります。

ペッパー夫妻の愛用品

365日こしょうをふっているペッパー夫妻の林さんが愛用しているのは「IKEDA」の4インチ胡椒挽き(ケヤキ材白木仕上げ)や車メーカープジョーから出ているフィジー・ペッパーミルだそうです。
とてもなめらかで使いやすいそうですよ。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)