マツコの知らない世界【読み聞かせ絵本】あなたがとってもかわいい・おいしいおと・オニのサラリーマン・しろくまちゃんのほっとけーき

マツコの知らない世界, 生活

2019年1月22日・火曜日のマツコの知らない世界では、【読み聞かせ絵本】の世界を紹介していました。1500冊の絵本を持つ主婦・内田早苗さんが厳選した絵本はお子様にピッタリです。


スポンサーリンク

読み聞かせ絵本

大人も夢中になる!作者の驚きの工夫が隠された絵本たちは必見です。

しろくまちゃんのほっとけーき

出版されて40年以上経つ絵本「しろくまちゃんのほっとけーき」は、作る時・食べる時・片付けの時と洋服が変わっています。
個度mは洋服を汚す自分と同じだと共感し、エプロンの変化に気づくのだそうです。

ごぶごぶ ごぼごぼ

読み始めると落ち着きのない子どもが静かになるといいます。
その理由はお腹にいた時に聞こえた音が絵本に書かれていて、「胎動音=聞き覚えのある音」のため、聞き入ってしまうそうです。

くだもの

本物の果物に見えるように約4年かけて描かれているため、子どもは手にとって食べようとするそうです。
果物の季節に合わせて手渡す人の装いを変えていて、さらにフォークの角度や向きまで計算されているため、思わず手に取りたくなってしまうのだそうです。

これはのみのぴこ

どんどん登場人物がつながっていく事を楽しむ絵本で、子どもが言葉を覚え合唱してしまうのだそうです。
作者である谷川俊太郎さんが聞き心地を大切にして絵本を作っているため、自然とこどもが斧えて反復してしまうといいます。

おいしいおと

作者の三宮麻由子さんは幼い頃から目が不自由になり、そのため耳で感じたリアルな音を表現されています。
三宮さんは、実際に自分で食べ物を食べ、耳に伝わる咀嚼音を文章にしています。

オニのサラリーマン

地獄カンパニーに務める主人公の赤鬼のサラリーマンとして働く日常を描いた絵本です。
社会の厳しさを描いた話ですが関西弁を使うことで柔らかく聞こえ、子どもの耳に馴染みやすいのだそうです。

パンツのはきかた

女優の岸田今日子さんが作者で、親友の佐野洋子さんが絵を描いています。

あなたがとってもかわいい

子を想う親の普遍的な愛を描いた絵本で、大人も子どもも涙してしまいます。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

マツコの知らない世界, 生活

Posted by morimugi