マツコの知らない世界【中国茶】風吹ジュン!中国茶の淹れ方&楽しみ方・オススメお菓子

グルメ, マツコの知らない世界

2018年12月18日・火曜日のマツコの知らない世界では、風吹ジュンさんをゲストに迎えて、風吹さんが中国茶の世界を紹介していました。中国の茶畑を21箇所も訪ねた風吹ジュンさんイチオシの中国茶は必見です。



スポンサーリンク

中国茶の世界

中国茶の淹れ方


茶器に茶葉を入れお湯を注ぎ、お茶の濃さを均等にするため、別の茶器へ移します。

その後飲みやすいように小さな茶器に移します。

茶盤は茶器を置くだけでなく、お湯を捨てることもできます。

中国茶の楽しみ方

中国茶は、少量のお湯で香りを味わいながらゆっくりと飲みます。

細長いグラスを使うと香りが味わいやすくなります。
さらに、中国茶は味が変わりにくいため、茶葉を入れたまま持ち歩くことができます。

空いた茶器に香りが移っているため、香りを嗅ぐとアロマのようなリラックスを得られます。

お風呂に

さらに、飲むだけではなく淹れた後の茶葉をお風呂に淹れてもアロマでリラックス効果があります。
オススメは緑茶側の優しい香りの茶葉だそうです。

梅家塢龍井(メイジャーウーロンジン)

杭州市で作られている龍井茶の中でもごく一部の地域でしか採れない貴重なお茶です。

貴重のお茶のため、茶畑にはガードマンがいるそうです。
日本茶とよく似ていますが、日本の緑茶と違って茶葉を刻まないため、高温で入れても苦味が出ません。

ほのかな甘みがあり、渋みが全くないのが特徴です。

鳳凰単そう

中国で青茶と呼ばれる烏龍茶の一種で、茶葉を発酵させ焙煎するため黒っぽいのが特徴です。

マスカットのような フルーティーで濃厚な香りがし、寒暖差の激しい山で育つため、甘みが凝縮され豊かな味になっています。

ドゥブルベ・ボレロ【ガレット・デ・ロア・テ・シノワ】


ドゥブルベ・ボレロの【ガレット・デ・ロア・テ・シノワ】は、パイ生地で包んだ鳳凰単そう入りのアーモンドクリームと黒豆を包んだ焼き菓子です。

販売期間は12/28〜1/6となり、限定100台です。

千年紅茶

中国茶発祥の地ともいわれている雲南省にある樹齢およそ1000年の木から採れる千年紅茶は、中国でも特別な地位にある人しか飲むことができないそうです。

紅茶らしい香りと味を楽しめるが、渋みがまったくないため、喉越しが良いそうです。

1杯目は香りを意識して飲み、1杯目は味を意識しながら飲み、3杯目はアジと香りのバランスを意識して飲みます。
茶葉から味が出るのが遅いため、前のお茶を少し残して重ねながら飲むのが美味しい飲み方だそうです。
淹れるほど味がまろやかに、コクと蜜のような甘みが楽しめます。

古今茶籍

中国専門店「古今茶籍」では、今回紹介された茶葉などが幅広く揃っています。

日本のお茶も深い!

マツコの知らない世界【日本茶】の世界も必見です。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)