きょうの料理【サクふわとり天】梯哲哉シェフレシピ

2018年10月23日・火曜日のきょうの料理では、大分県にあるイタリアンレストラン「「Otto e Sette Oita 」の梯哲哉シェフが【サクふわとり天】を紹介していました。定番料理のとり天をサラダ風のオシャレな1品に。カボスを使用しているのであっさりと頂けます。



とり天

材料(2人分)

  • 鶏もも肉・・・1枚(300g)
  • 塩こうじ(市販)・・・35g
  • トマト(小)・・・2個
  • ルッコラ・・・適量
  • サラダ油

《衣》

  • 卵・・・1個
  • 片栗粉・・・35g
  • 強力粉・・・20g
  • 炭酸水・・・30ml

《a》

  • カボスの絞り汁・・・大さじ1
  • エクストラバージンオイル・・・大さじ2
  • 塩・こしょう・・・各少々

作り方

1.鶏肉は余分な脂を除き、塩こうじをまんべんなく塗り込み、常温で30分ほど置いておきます。

2.トマトはヘタを除き、1~2㎝角に切り、ボウルに《a》の材料とともに混ぜ合わせます。

3.ボウルに《衣》の材料の卵をシッカリと溶き、粉類を加えて軽く混ぜます。そこへ少量ずつ炭酸水を加えてザックリと混ぜ、衣を作ります。

4.①の鶏肉を大きめの一口大に切り、③の衣をつけます。フライパンに深さ1~2cmほどのサラダ油を注ぎ、170℃に温め、鶏肉をこんがりするまで揚げ焼きにします。

5.④を器に盛り付け、②のトマトをかけ、ルッコラをのせたら完成です。




✱POINT✱


大分県にある地獄釜を使用して作られるイタリアンが楽しめます。

梯哲哉シェフが作る漁師料理「りゅうきゅう」をイタリアンにアレンジした【かんぱちの手まり】レシピもオススメです。





きょうの料理, レシピ

Posted by morimugi