きょうの料理【秋冬の鶏ハム 香りだれ】高橋拓児レシピ

2018年11月7日・水曜日のきょうの料理では、京料理、木乃婦の三代目主人・高橋拓児さんが【秋冬の鶏ハム 香りだれ】を紹介していました。白菜、しょうがなど、これからの季節に美味しくなる食材を使用したタレが決め手の鶏ハムです。



秋冬の鶏ハム 香りだれ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉・・・1枚(270~300g)
  • 白菜・・・120g
  • ねぎ・・・20㎝(40g)
  • にんじん・・・6mm(10g)
  • しょうが・・・1/2かけ(5g)
  • 削り節・・・1パック(6g)
  • 柚子こしょう・・・適量

《a》

  • ごま油(白)・・・大さじ1+2/3
  • しょう油・・・大さじ1+1/2
  • 酒・・・大さじ1

作り方

下準備・鶏肉は余分な脂肪分を取り除き、横半分に切ってから両面に塩(少々)をふって冷蔵庫で1晩(8時間)おきます。

1.鍋に湯を沸かして中火にして鶏肉をサッとくぐらせて氷水に取って水気を拭きます。

2.白菜は5mm幅に、ねぎは縦に十字の切れ目を入れ小口切りにします。にんじんはみじん切りに、ショウガはすりおろしておきます。

3.ボウルに②、《a》の材料を入れたら、削り節をもんで加え、塩(ふたつまみ)を振り、よく混ぜます。

4.長さ30㎝ほどのアルミホイルを4枚用意し、バットの上にアルミホイルを2枚重ねて、中央に①の鶏肉(1切れ)を皮側を上にして置き、③の野菜の半量をのせます。もう1枚も同様に作ります。③のボウルに残った調味料を均等にかけたら、アルミホイルの手前と奥を中央で閉じ、左右の端を折りたたみバットに並べます。

5.蒸気の上がった蒸し器に④を入れて強火で20~25分ほど蒸します。取り出してアルミホイルに包んだまま粗熱を取り、鶏肉を食べやすい大きさに切り器に盛り付け、野菜、柚子こしょうを添えたら完成です。




✱POINT✱

高橋拓児さんのキノコ盛りだくさんの香り豊かなローストビーフ【秋のローストビーフ】も絶品です。

きょうの料理, レシピ

Posted by morimugi