きょうの料理【菊ごはん】江上栄子レシピ

きょうの料理, レシピ

2018年9月27日・木曜日のきょうの料理では料理研究家の江上栄子さんが【菊ごはん】を紹介していました。
見た目にも美しい菊ご飯は小さい俵型に抜くことで食べやすくなる秋にピッタリの1品です。



スポンサーリンク

菊ご飯

材料(4人分)

  • 米・・・360ml(2合)
  • 食用菊(黄色)・・・80g
  • 春菊・・・50g
  • 白ごま・・・大さじ1
  • 酢・塩・薄口しょうゆ

《a》

  • 酒・・・大さじ1
  • 薄口しょうゆ・・・小さじ1/2
  • 塩・・・小さじ1/3

作り方

1.米は洗って炊飯器の内釜に入れ、30分ほど浸水させておきます。食用菊はガクから花びらを摘んでおきます。

2.鍋にたっぷりの湯を沸かして、酢(大さじ1)を加えて①の菊をサッと茹でたら、すくい上げ、すぐに水(ボウル1杯分)に酢(小さじ1)を合わせた酢水に3~4分ほどさらし、ザルに上げて水気を絞りほぐして塩(少々)をふります。

3.春菊は塩(少々)を加えた熱湯でサッと茹でて冷水にとり、水気を絞ってみじん切りにし、薄口しょうゆ(少々)をふって、もう一度絞ります。

4.①の水を米にかぶるくらいまで減らして《a》の材料を加えます。その後、目盛りどおりに水を足してサッと混ぜ、普通に炊飯します。

5.白ごまは乾いた布巾にはさみ、包丁で切り、③の炊きあがったところに②、③とともに加えサックリと混ぜます。俵型に抜き、完成です。




スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)