きょうの料理【かんぱちの手まり】梯哲哉シェフレシピ

2018年10月23日・火曜日のきょうの料理では、大分県にあるイタリアンレストラン「「Otto e Sette Oita 」の梯哲哉シェフが【かんぱちの手まり】を紹介していました。リコッタチーズと塩麹をまぶしたかんぱちの相性がバツグンの漁師料理である「りゅうきゅう」をアレンジした新しいイタリアンです。



かんぱちの手まり

材料(2人分)

  • かんぱち(刺身用)・・・80g
  • 塩こうじ(市販)・・・8g
  • エクストラバージンオイル・・・8g
  • リコッタチーズ・・・20g
  • 細ねぎ(小口切り)・白ごま・・・各適量

《a》

  • 細ねぎ・・・3本
  • 青じそ・・・3枚
  • 白ごま・・・小さじ1

作り方

1.かんぱちは3~4mm厚さのそぎ切りにします。ボウルに塩こうじ、エクストラバージンオイルを合わせたところに①のかんぱちを加えて揉み込み、ラップをして冷蔵庫で10分ほどおきます。

2.青じそは粗みじん切りに、細ねぎは小口切りにします。

3.①に《a》の材料を加えて全体を和えたら、20㎝四方のラップに広げ、真ん中にリコッタチーズを置き、かんぱちで包むようにラップで包んでひねり、丸めます。

4.器に盛り付け、細ねぎと白ごまを散らしたら完成です。



✱POINT✱


大分県にある地獄釜を使用して作られるイタリアンが楽しめます。

梯哲哉シェフが作る塩麹を使用したサクふわの【とり天】レシピもオススメです。





オススメ記事一覧(一部広告含む)

きょうの料理, レシピ

Posted by morimugi