きょうの料理【冬の和風ローストビーフ】高橋拓児レシピ

2018年11月7日・水曜日のきょうの料理では、京料理、木乃婦の三代目主人・高橋拓児さんが【冬の和風ローストビーフ】を紹介していました。柚子の香りと白みその甘みが相性バツグンの冬ならではの和風ローストビーフは、おせちにもピッタリですね。



冬の和風ローストビーフ

材料(作りやすい分量)

  • 牛肉(赤身/塊)・・・・450g
  • かぶ(小)・・・1個
  • にんじん・・・1/4本(80g)
  • ネギ・・・1本(120g)
  • ごま油(白)・・・適量

《つけ地》

  • 柚子・・・1~2個
  • 白みそ(甘口)・・・250g
  • しょう油・みりん・・・各3/4カップ
  • 酒・・・大さじ1

作り方

1.フライパンにごま油(大さじ2)をひき、中火で牛肉を全面に焼き色がつくようにシッカリと焼きます。取り出して粗熱を取ります。

2.《つけ地》の材料をボウルに入れ、柚子は皮をすりおろして加え、すりおろした後の柚子は四つ割りにして加え混ぜ合わせます。

3.蒸し器に入る大きさの耐熱容器に①、②を入れ、厚手のペーパータオルで表面を覆うようにのせ、上から耐熱のラップをかけて輪ゴムでとめます。

4.蒸気の上がった蒸し器に③を入れて強火で20分ほど蒸し、取り出します。牛肉の上下を返して、再びペーパータオル、ラップをかけて強火の蒸し器で15分ほど蒸して取り出します。

5.④の容器に流水にあてて粗熱を取り、その後、氷水で20~30分ほど冷まします。

6.カブは茎を1㎝ほど残して切り落とし、厚めに皮をむき、茎と実の間の汚れを落としたら、1㎝幅のくし切りにします。にんじんは薄めの乱切り、ねぎは2~3㎝の長さに切ります。

7.①で使用したフライパンの汚れをキレイにし、ごま油(大さじ1)をひいた、中火でカブ、にんじんを入れて2~3分ほど炒めます。全体に焼き色がつき火が通ったら、ねぎを加えて1~2分ほど炒めます。⑤で冷やしておいた、つけ地(90ml)、水(1/4カップ)を加えて全体にからめながら1分ほど炒め煮にします。

8.⑤の牛肉を薄切りにし、器に盛り付け、⑦を添えたら完成です。




✱POINT✱

高橋拓児さんの秋冬の食材を生かした【秋冬の鶏ハム 香りだれ】レシピも必見です。

きょうの料理, レシピ

Posted by morimugi