老眼改善には【紅鮭のごま油焼き】レシピ!こんな私は何を食べればいいですか?

こんな私は何を食べればいいですか?, 生活

2018年11月26日・月曜日のこんな私は何を食べればいいですか?では、普段の食生活を変えずに体の悩みを改善させる方法を紹介していました。老眼の改善に効く!知らないと損をする画期的な【紅鮭のごま油焼き】レシピは必見です。



スポンサーリンク

老眼には紅鮭!


老眼の原因は水晶体が硬くなってしまい、毛様体筋という水晶体の厚みを変える筋肉の低下によって引き起こされます。
実は、毛様体筋が一時的に低下している場合は食事による改善が可能なのだそうです。

老眼度チェック!

1,人差し指を指紋が見えるようにかざします。

2.ゆっくりと目から離していきます。指紋にピントが合ったところで止めてください。
このときに、目と指の距離が30cm以上離れていると、近くのものにピントが合っていないということなので老眼ということになります。

紅鮭


老眼には紅鮭が良いそうです。
毛様体筋の機能の低下は紫外線を多く浴びてしまったり、スマホなどを近くで見続けることで、目の中で活性酸素が発生し、毛様体筋を攻撃することで起こります。
活性酸素を取り除いてくれるのが紅鮭に多く含まれているアスタキサンチンが退治してくれるそうです。

紅鮭のごま油焼き

そんな紅鮭ですが、油と摂取しないと吸収率が下がるのだそうです。
アスタキサンチンは、血管を通って目まで行くのですが、その途中で出会う活性酸素によって数が減少してしまいます。
なので、「ごま油」に含まれているセサミンがアスタキサンチンをサポートしてくれるので、目まで多くたどり着くのだそうです。

作り方

1.熱したフライパンにごま油(大さじ1)をひき、紅鮭を加えて中火で両面焼いていきます。

POINT!

  • 皮にもアスタキサンチンが含まれているので、シッカリと焼いて臭みを取ります。
  • 1日1切れ3週間続けると効果が出てくるそうです。




スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)