ケンミンショー【岐阜県の漬物ステーキ】レシピと紹介されたお店まとめ(3月6日)

グルメ, 秘密のケンミンショー

2019年3月7日・木曜日の秘密のケンミンSHOWでは岐阜県民熱愛グルメとして【漬物ステーキ】を紹介していました。飛騨地方がメインで食べられている漬物ステーキは一度食べたら病みつきになるそうです。



漬物ステーキ

ケンミンショーの漬物ステーキ

漬物ステーキの歴史

飛騨地方の寒い地方では、江戸時代から明治時代にかけて凍った漬物を朴葉の上にのせて囲炉裏端で焼いて食べていたそうです。
そして、戦後鉄板の上で焼くようになってから卵が入り、さらに昭和50年代になると高山一の繁華街・一番街にあった満月というスナックにてステーキ皿にのった漬物を【漬物ステーキ】という名前にしてメニューにのせたところ、それがきっかけとなり、各ご家庭でも漬物ステーキとして定着されたそうです。

この漬物ステーキは少し発酵が進んだ白菜の切り漬けを使用します。

ご家庭によってはホットプレートやフライパンで作られるお家もありますが、寒い地方の飛騨地方ではステーキ皿を常備しているご家庭が多いそうです。

漬物ステーキの作り方

1.熱したステーキ皿に油をひき切り漬け・しょう油を入れて炒めます。

2.①の端に溶き卵を流し入れ、かつお節をちらしたら完成です。

POINT!

お好みでシーチキンやチーズ・紅生姜などアレンジのものを散らすご家庭もあります。
また、焼きうどんの具材として使うこともあるそうです。

 

漬物ステーキが食べれるお店

漬物ステーキは、現在飛騨地方の飲食店50軒以上で提供されています。

和ピッツァ鷲見

岐阜県高山市の和ピッツァ鷲見では半熟卵とともに漬物ステーキがピザ生地にのった【漬物ステーキピッツァ(850円)】が頂けます。

まとめ

発酵の進んだ白菜漬けの美味しい食べ方ですね。
お酒にもピッタリ!
ぜひ試してみてください。

オススメ記事一覧(一部広告含む)