ヒルナンデス!新京成電鉄で沿線フォトさんぽ!アンデルセン公園・生つくね・縁結びパワースポット

2018年9月28日・金曜日のヒルナンデス!では相田翔子さんをゲストにむかえて千葉県北西部を走る新京成電鉄沿線でフォト散歩をしていました。
童話のような「ふなばしアンデルセン公園」に賞味期限が59秒のつくねや縁結びのパワースポットなど魅力満載の新京成電鉄さんぽは必見です。



新京成電鉄沿線フォトさんぽ

三咲駅・アンデルセン公園


三咲駅からバスで10分のところに「ふなばしアンデルセン公園」があります。
東京ドーム8個分の敷地にはメルヘンの丘やワンパク王国など5つのエリアがあり、緑豊かな憩いの場所として年間80万人が訪れるという隠れた人気スポットです。

北習志野駅・串焼旬彩食堂うっとり【賞味期限59秒の生つくね】


およそ50種類の新鮮な串焼きが頂ける「串焼旬彩食堂 うっとり」の中でも人気なのが賞味期限59秒といわれている【発酵熟成鶏のつくね】です。10日間、一定の温度と湿度で発酵熟成した鶏ひき肉を使用し、豚の背脂で巻いて焼き上げます。豚の脂と鶏の肉汁が溶け合う最高の状態が59秒以内なのだそうです。
賞味期限59秒の生つくね 1本259円

京成津田沼駅・菊田神社


1200年前に創建された、地域の人々の守り神となっている隠れたパワースポットです。
出雲の神様・大国主命が祀られていて、縁結びのご利益があります。
こちらの御朱印帳(1500円)はアイーン顔の狛犬が描かれていて、とてもかわいらしいと人気です。




オススメ記事一覧(一部広告含む)