ヒルナンデス!あさこ&大久保のお伊勢参りの楽しみ方!おはらい町・おかげ横丁など巡ったお店まとめ。

グルメ, ヒルナンデス!

2019年3月19日・火曜日のヒルナンデス!では、いとうあさこと大久保佳代子さんが伊勢にて女子旅を開催していました。



スポンサーリンク

伊勢女子旅

三重県

平成最後のお伊勢参りということで、観光客が急増している伊勢神宮ですが、春休みはさらに参拝者が集中し盛り上がると予想されています。

三重県の観光客は年間約4200万人以上と人気の県です。
伊勢湾で獲れる伊勢海老や世界に誇る松阪牛など食の宝庫です。

名古屋駅から近鉄の観光特急しまかぜを使えば80分ほどで到着します。

伊勢神宮おはらい町


伊勢神宮の目の前にある「おはらい町」は全長800mで飲食店やお土産屋さんなど100店舗が軒を連ねる1日遊べる地元グルメの宝庫です。

ゑびや大食堂


創業は1912年というゑびや大食堂は、多いときは1日600人が訪れる老舗の名店です。

こちらのお店ではてこね寿司が頂けます。
てこね寿司は漁師さん達がカツオにしょう油を合わせて炊きたてのご飯と手で合わせていたのが始まりで、今では伊勢を代表する郷土料理となっています。

お店で頂ける【特製稚魚のてこねずし定食(2894円)】は、伝統を残しつつ海鮮丼としててこね寿司を提供していて、そのゴージャスさで評判となっています。

こだわりは地元産の地魚が9割を使用していることです。
月に1000食以上売れるゑびや大食堂の人気メニューです。

海鮮だけではなくゑびや大食堂では松坂牛を使用した霜降り牛丼【松阪牛 焼石霜降り牛丼(並/2894円)】も味わえます。
焼石を入れて目の前で牛丼を作るスタイルが人気です。

あわび串屋台

伊勢の海の幸・あわびが食べ歩きできるあわび串のお店です。
一番人気の【1ヶ串(750円)】は年間6万本以上も売れるそうで、味付けは天然塩のみ!

あわびは柔らかく、磯の香りが楽しめます。

さらに大ぶりのあわびを使用した【大串(1500円)】は海の香りとあわび特有の香りを際だたせるためにワインを加えた自家製バターしょう油というこだわりです。



伊勢角屋麦酒


創業1575年伊勢角屋麦酒は、昔ながらの町家風の店内では地ビールと地元産の牡蠣が頂けます。

6種類の地ビールの中から4種類の飲み比べすることができる【地ビールの飲み比べセット(1050円)】で楽しみつつ、今が旬の地元産の牡蠣を使った土手鍋定食を味わうことができます。

【牡蠣の土手鍋定食(松/2050円)】は牡蠣の土手鍋・カキフライ・焼き牡蠣と牡蠣三昧の定食です。
こだわりは鳥羽浦村産の牡蠣を使用していること!
ミネラル豊富な英虞湾で育てられるので旨味とミルキーさは段違いで味わえ、さらに自家製味噌などを使用することで味噌の香りとコクをプラスした土手鍋はご飯にピッタリです。

焼き牡蠣はオーブンで一気に焼くことで噛んた瞬間ジューシーな旨味が弾けます。

おかげ横丁


おはらい町から脇道に入ったおかげ横丁は古い日本家屋が並ぶ横丁に、飲食店やお土産屋さんなど約50店舗が軒を連ねます。

ふくすけ


1日1000杯売れる伊勢うどんの人気店です。

生卵がトッピングされた【月見伊勢うどん(590円)】が味わえます。

伊勢うどんは短く極太に仕上げた麺を40分ほど煮込み2〜3日置いてから提供するという、こだわりの製法で作られています。
出来上がった麺を再び茹でるとモチモチで柔らかい麺になるのだそうです。

さらに出汁は、香りが高くコクの強い三重県産のたまり醤油に鰹と昆布の出汁などを合わせたものを使用しています。

めかぶをトッピングした【めかぶ伊勢うどん(650円)】は、新鮮だから粘り気が強い地元産のめかぶの食感が絶妙なアクセントとなっています。

団五郎茶屋


赤福ぜんざいが人気のお店です。

【赤福(8個入り/760円)】とは三重県の顔というべき名物の1つです。
お伊勢参りをする参拝者たちの茶菓子として今から300年以上前に誕生したものです。

【赤福ぜんざい(520円)】は1日約500杯売れるそうです。

甘みのと良い北海道産のあずきと、北海道産の大納言あずきを別々に炊き上げてから合わせるというこだわりの1品です。
こうすることで小豆本来の甘みととろみ、つぶつぶ食感をまんべんなく味わえるのだそうです。



お伊勢参り徹底ガイド!

伊勢神宮

およそ2000年の歴史を誇る伊勢神宮は、総氏神と崇められる天照大御神を祀った内宮や、豊受大御神を祀った外宮など125の宮社があり、正式にはただ神宮と呼びます。

その壮大な敷地は東京ドーム約1200個分で、世田谷区ともほぼ同じ大きさなのだそうです。

内宮の作法と由来

内宮は正宮が進行方向に向かって左側にあるため少しでも遠い位置から禊を行いつつ徐々に近づくという意味で右側通行となっています。

日常の世界から神聖な世界を繋ぐという宇治橋を一礼して渡り、五十鈴川にて手で清めます。
一般的な神社と同じ手水舎も外宮にはありますが、こちらでしか体験できない御手洗も名物となっています。

御手洗での作法は左手、右手の順で清め、最後に水を飲んだふりをして口を清めます。

参拝

神宮ではお願い事をするのではなく、日々に感謝することが大切です。




伊勢市駅


伊勢市駅前にある外宮の参道は静かで落ち着いた雰囲気です。

伊勢網元食堂


伊勢市駅から徒歩2分のところにある「伊勢網元食堂」は地元海鮮が頂けます。

伊勢湾で獲れるあっぱ貝や大アサリを使った豪快な潮焼き【あっぱ貝 大アサリ(各410円)】なども楽しめますが、伊勢海老を半身豪快に使用した【伊勢海老ラーメン(3132円)】や高さ30cmにもおよぶ【びっくりかき揚げ丼(1620円)】など弾けたメニューで観光客に話題のお店です。

びっくりかき揚げ丼はランチ限定の数量限定メニューですが、かき揚げは重くならないように最小限の衣で揚げてカリッと仕上げています。
これを3つご飯の上に立て、筏状にして揚げたにんじんをかき揚げの上に乗せ、さらに海老の天ぷらを乗せ、最後にいくらを添えたとんでも感満載の天丼です。

とんでも感満載ですが、味は唸る美味しさ!
シメは濃厚な和風だしを使用した天茶は、これまたお腹いっぱいでも食べれちゃう美味しさです。
数名でシェアして頂くのもオススメです。

まとめ

平成最後のお伊勢参り!
美味しいものを頂きつつ参拝されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

グルメ, ヒルナンデス!

Posted by morimugi