ヒルナンデス!糖質&血糖値に注目する!ダイエットの新常識!バターコーヒなど

2018年10月8日・月曜日のヒルナンデス!では、ダイエットに関する新常識を紹介していました。最近はカロリーよりも気にすべきなのは血糖値だそうです。糖質を多く含む食品を抑えることでダイエットになるのだそうです。自らも血糖値に着目しダイエットを成功させたスペシャリスト水野雅登さんが紹介していました。



血糖値を見直す!

最も血糖値が上がらないパン

クロワッサンは血糖値が上がりにくいそうです。
ベーグルには糖質が、およそ46.9g、食パンには26.6g、そしてクロワッサンには18.9gが含まれているそうです。ベーグルはヘルシーそうに感じますが、小麦粉をたっぷりと使用していて、密度も高いため、意外と糖質は多いのだそうです。クロワッサンにはバターが豊富に使用されていますが、バターの糖質は100gあたり0.2gと非常に少なく、油としては上質な動物性なので良いそうです。タンパク質とバターを合わせて炒めたバターソテーなどはダイエットにも効果的なのだそうです。
水野先生のオススメは、温かめのコーヒーに無塩バター(10g)を溶かす【バターコーヒー】です。朝食の代わりに飲むと、腹持ちも良いそうです。

最も血糖値が上がりやすいおにぎりの具

最も血糖値が上がりやすいおにぎりの具は「昆布」だそうです。最も上がりにくいのは「ツナマヨ」です。
カロリーは昆布が最も少ないのですが、糖質は26.5gと最も多く含んでいます。昆布自体が多く糖質が含まれていて、甘辛い味付けも手伝って糖質が多めになっている原因となっています。

ごはん

ご飯はお茶碗1杯で角砂糖14個分の糖質が含まれているそうです。ですが、温かいご飯より、冷めたご飯は血糖値が上昇しにくいことが分かっています。
冷めたご飯はレジスタントスターチ(消化されにくいでんぷん)を多く含んでいるため、通常のご飯よりも血糖値が上がりにくなります。

おでんの糖質が多い具材

ヘルシーに見えるおでんの中にも糖質が多く含まれる具材があります。はんぺんは1個で糖質が11.4gもあり、大根にも2.9g含まれています。はんぺんは魚のすり身に、つなぎや調味料を加えているため多くなり、その他のちくわやさつま揚げなどの練り物にも糖質が多く含まれることになります。さらに、大根はおでんのつゆが染み込んでいるので多くなります。最も少ないのはしらたきの0.1gです。しらたきは、ほぼ水分と食物繊維でできているため、低糖質となっています。

最も血糖値が上がらないスイーツ

最も血糖値が上がらないスイーツはチーズケーキだそうです。ベイクドチーズケーキよりもレアチーズケーキのほうが糖質量は少なくなっています。ショートケーキは砂糖と小麦粉がたっぷりと使用されているため、1切れあたり47.3gと多く、さらに、モンブランに使用されている栗は糖質が多い食品となっているので、1切れあたり46.6gと、こちらも多くなっています。

糖質制限ダイエットの効果をアップされる食材

糖質制限ダイエットに効果的なのは、レバーだそうです。先生の長年の診察において、太っている人は鉄分が不足している人が多かったそです。鉄分が不足すると脂肪を燃焼する働きが弱まってしまいます。
鉄分を多く含む食べ物は、レバーや、卵、赤身の魚(カツオ・マグロ)、赤身の肉(牛ヒレ)などです。サプリメントでも良いそうです。

✱POINT✱

番組内ではごほうびとして、全国で宅配している洋菓子店カサミンゴーの【ケーキザーネトルテ レアチーズケーキ】を紹介していました。糖質ダイエットの妨げになりにくいチーズケーキです。