ヒルナンデス!チョコプラの世界一周海外旅行!デンマークで巡ったお店まとめ!(2019/4/3)

2019年4月8日ヒルナンデス!, 旅行

2019年4月3日・水曜日のヒルナンデス!では、チョコレートプラネットの2人がLCC航空で行く、格安海外旅行へ出かけていました。お手頃な値段でも最大限に楽しめる、グルメや人気スポットは旅先でも参考になること間違いなしです。

スポンサーリンク

チョコレートプラネットのデンマーク旅行

デンマーク

デンマークはその美しさからおとぎの国とも呼ばれ、首都であるコペンハーゲンは童話作家・アンデルセンも暮らした町です。

16世紀から残る中世の建物と網の目のように張り巡らされた運河が美しく観光客が増え続けている国です。

1905年完成のルネッサンス様式を取り入れて建てられた中を見学することも出来る観光スポット「コペンハーゲン市庁舎」など歴史ある町並みが続きます。

さらに、健康と環境のため政府が自転車専用道路を設けるなど通勤者の約半分が自転車通勤を行っていて、コペンハーゲンは世界一自転車に優しい都市として知られています。

POINT!

コペンハーゲンのお店の多くは午後6時から7時ごろにはお店が閉まってしまうので注意が必要です。

リッチモンドホテル

市の中心部にある3つ星ホテルで、築69年の歴史があるぶん、内装はクラシックで落ち着いた雰囲気です。

旅行会社が年間で部屋を押さえるため、格安ツアーに組み込まれることが多々あります。

デンマークのホテルは朝食はバイキング形式で食べ放題となっていて、カマンベールなど高級チーズや生ハム・サラミ・フルーツなどが選び放題となっています。

ストロイエ通り

おしゃれなカフェが多く、観光客はもちろん地元の方にも愛される通りです。

イルムスボリフス

北欧のデザインにこだわったおしゃれなキッチングッズが揃うキッチングッズのデパートです。
ここでしか買えないものが多く、デンマークの主婦や観光客に人気のスポットとなっています。

Pepper Birdなどデザイン性にとんだお土産にもピッタリの1品が見つかります。

ロイヤルコペンハーゲン本店

日本でも長く愛されているロイヤルコペンハーゲンの本店です。

1775年創業の王室御用達の陶磁器専門店、ロイヤルコペンハーゲンは最高峰の職人が生み出す独特な青と複雑なデザインが世界中で人気を集めています。

チボリフードホール

1年半前にオープンした「チボリフードホール」はグルメの店が10店舗以上集まり、夜11時まで営業してる観光客には嬉しいお店です。

美味しいものが集まる最新スポットとして地元の人も集まる話題の場所です。

ただし、金曜日・土曜日以外は9時に閉店してしまうので注意がしてください。

ハーレヌ・スモーブロー

こちらでのオススメはデンマークの郷土料理【オープンサンド】です。
パンの上に具材を豪快に盛り付けただけではなく、デザインの美しさにもこだわったデンマークならではのソウルフードです。

ハーレヌ・スモーブローは、17種類のオープンサンドが揃い、1日1000個売れることもある大人気店です。
お店の一番人気は【タラコとイクラのオープンサンド(約1,700円)】です。
でんま近海で捕れた巨大なタラコとイクラに、濃厚なタルタルソースにレモンの酸味が効いて、止まらなくなる美味しさです。

スーパーキーレン

2012年に誕生したユニークな公園・スーパーキーレンは57か国から集められたユニークなデザインのものが点在していて、子どもはもちろん、大人も楽しめる公園です。

日本からは幅10mと巨大なタコの滑り台が設置されています。
日本では約200か所に設置されている人気遊具が黒くなってコペンハーゲンでも親しまれています。

ニューハウン

大人気の観光船(運河ツアー/1400円)に乗って港町を散策できます。

こちらのニューハウンの港町は、童話作家アンデルセンも愛した北欧で最も古い人工の港町です。
アンデルセンが暮らした家も残っていて、今も人が生活しているそうです。
曇りの日が多いコペンハーゲンに少しでも明るく過ごせるようにと、家の色合いもカラフルなものが多いそうですよ。

チョコプラの世界一周旅行で巡った国

まとめ

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)