ニッポンドリル「吉祥寺レピキュリアンのミルフィーユ・オ・フランボワーズ」勝負手土産(3月6日)

グルメ, 林修のニッポンドリル

2019年3月6日・水曜日の林修のニッポンドリルでは、吉祥寺で行列をなす人気店「レピキュリアン」の【ミルフィーユ・オ・フランボワーズ】を紹介していました。林先生が絶賛するミルフィーユは、生地が完成するまでに3日もかかります。ビックリするほどのサクサク感はやみつきになること間違いなしです。



スポンサーリンク

吉祥寺のミルフィーユ

サクサク感にこだわって完成までに3日かかるミルフィーユです。

吉祥寺「レピキュリアン」


洋菓子店が連なる吉祥寺駅から徒歩3分のところにある「レピキュリアン」は、生菓子や焼き菓子・チョコレートなど色とりどりの洋菓子が300種類販売されています。
営業終了間近になると全てのショーケースの中は売り切れになります。
日本ばかりの人気にとどまらず、ニューヨーク・タイムズでも紹介されています。

こだわりが強すぎて週3日しか営業されないそうなので、営業時間はチェックしてから来店してください。




ミルフィーユ・オ・フランボワーズ

こちらのお店の多くの方が購入しているという「ミルフィーユ・オ・フランボワーズ(540円)」です。
生地を折り込むことでサクサク感を生む層を作りのですが、この間にシッカリと寝かす時間をとっています。
この作業を繰り返すこと3日!
そして、サクサク感を生み出すためのこだわりはクリームにも。
カスタードクリームの中に水分量の少ないバタークリームを入れてサクサク感を殺さないクリームを使用しています。
生地からクリーム、全てにこだわった、こちらの買った次の日に食べてもサクサク感が残っているそうです。

香りにこだわった【ペリゴール】

ケーキではなかなか使わない、高級食材「黒トリュフ」を生クリームにたっぷりと加えた【ペリゴール(650円)】は香りのこだわった極上のケーキとなっています。

香りが強い黒トリュフは他の食材の味を殺してしまわないように配合するのがとても難しいのですが、あえてチャレンジすることで絶品のケーキとなっています。

まとめ

林先生がオススメする手土産はいつもどれも美味しそうです。
ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)