男子ごはん【プリプリ牡蠣餃子】炒飯&ギョーザ企画レシピ(2月17日)

レシピ, 男子ごはん

2019年2月17日・日曜日の男子ごはんでは大人気企画「チャーハン&餃子」第11弾として【プリプリ牡蠣ギョーザ】を紹介していました。プリプリの牡蠣が丸ごと1個餃子に入る贅沢レシピです。作り方とポイントを詳しく紹介します。



スポンサーリンク

プリプリ牡蠣餃子

餃子の中にたっぷりと牡蠣&タネを入れるため、ヒダを作らずに包むのがポイントです。

ギョーザ

材料(2〜3人分)

  • 牡蠣(小/加熱用)・・・20個
  • 鶏ももひき肉・・・150g
  • しいたけ・・・1〜2個(30g)
  • ニラ・・・1束(120g)
  • しょうが(大)・・・1片
  • 片栗粉・水・サラダ油・ごま油・・・各適量
  • 餃子の皮(大判)・・・1袋(20枚)

《餃子のタネ》

  • オイスターソース・醤油・酒・・・各大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1/2
  • 片栗粉・・・小さじ1

《タレ》

  • 味噌・・・大さじ1.5
  • すし酢・・・大さじ1
  • 豆板醤・・・小さじ1/2

作り方

1.牡蠣はよく水洗いをし、片栗粉(適量)をまぶして揉み込みます。これを繰り返し、粉に色がつかないくらいになったら水で洗いキッチンペーパーで水気を拭き取ります。(POINT:①)

2.ニラは細かく刻み、ショウガ・シイタケはみじん切りにします。

3.ボウルにニラ・ショウガ・シイタケ・鶏ももひき肉・《餃子のタネ》の調味料を加えてシッカリと練ります。

4.《タレ》の材料を混ぜ合わせておきます。

5.餃子の皮の真ん中に③のタネを少なめにのせ、①牡蠣(1個)をのせます。皮の周りに水をつけ、タネを包むように半分に折り、ピッチリと閉じます。同様にすべて作ります。(POINT:②)

6.⑤の餃子の底に片栗粉をつけながらフライパンに並べ、サラダ油(大さじ1/2)を流し加えて強火にかけます。音がしてきたら水(75cc)を加えて蓋をして蒸し焼きにします。

7.⑥の餃子の裏にシッカリと焼き目がついたら、ごま油(適量)を回しかけ水分を飛ばします。器に盛り付け、④のタレを添えたら完成です。



POINT!

①牡蠣をシッカリと洗うことで臭みが取れ、美味しく仕上がります。

②ヒダを作らずに包むことで、たっぷりの牡蠣とタネが入ります。餃子の皮は微妙に楕円形です。長い方をまっすぐと持ち、タネを横にのせることでキレイに包むことができます。

炒飯&餃子 第11弾:カップリング【チンジャオロースあんかけチャーハン】レシピ

まとめ

今が旬の牡蠣を贅沢に入れていつもは違った餃子を楽しめますね。プリプリに仕上げるポイントは必見です。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

レシピ, 男子ごはん

Posted by morimugi