嵐にしやがれ!香川照之とカレーデスマッチ!ポークカレー・グリーンカレー・魯肉飯ケニックカレー・らぁめん一福・エスニックそぼろカレー

グルメ, 嵐にしやがれ

2019年1月26日・土曜日の嵐にしやがれ!では、ゲストに香川照之さんを迎えてカレーデスマッチを開催していました。



スポンサーリンク

カレーデスマッチ

最後の晩餐にはカレーを食べたいというカレー好きの香川さんにオススメする今話題のカレーが揃っています。

マボロシ【ポークカレー】


神奈川県相模原市にあるマボロシのカレーは開店1時間で売り切れてしまうため、オープン前から行列ができています。
8種類のスパイスを焙煎させて病みつきになる香ばしさを出します。この一手間が病みつきになる香ばしさが加わります。
【ポークカレー(1,000円)】は焙煎させて出来た秘伝のスパイス・豚肩ロース・6時間炒めた玉ねぎ・自家製のトマトペーストを合わせて炒め出来ます。
カレーの概念がひっくり返る幻のカレーだそうです。

正解者の櫻井さんいわく、口に入れた瞬間にくるスパイスやお肉の味が絶品とのことでした。

クルア・ナムプリック【グリーンカレー】


自由が丘にある「クルア・ナムプリック」はタイ料理の名店です。
スパイスが決め手となるインドカレーと違い、タイカレーはハーブが命です。
石臼でハーブを香りが出るように40分すり潰しカレーペーストを作ります。

これ以上なく香り高いグリーンカレーペーストに鶏肉・ココナッツミルク・鶏ガラのダブルスープを合わせて、こぶみかんの葉・スイートバジルで爽やかな香りを倍増させて完成する【ヌムさんのグリーンカレー(鶏肉/1,058円)】はハーブの香り高さを堪能できる1品です。

正解者の松本さんいわく、奥深く後からピリッとする辛さがくるそうです。

ケニックカレー【ケニックカレー+魯肉飯】


渋谷区道玄坂にあるケニックカレーは、近年ブームになりつつある【魯肉飯カレー】のパイオニア的存在です。

魯肉飯とは、中華系スパイスが効いた台湾の定番屋台料理。
魯肉飯作りは、豚バラ肉・黒砂糖を照りが出るまで炒め水・しょう油・酒・フライドオニオンを加えて煮立て、中国のスパイス五香粉を加えて完成します。

さらにカレー作りは、シナモン・ローリエ・カルダモン・クローブなどのスパイスを油で熱し香りを立て、玉ねぎ・トマトピューレ・辛みを抑えた7種類のスパイス・豚肉をじっくと煮込んで無水キーマカレーが完成します。

別々に食べても美味しいのですが【ケニックカレー+魯肉飯(1,300円)】は異国のスパイスのハーモニーを楽しめる1品となっています。

正解者の香川さんいわく、少しカレーが負け、魯肉飯が先にくるのですが、後からカレーがくるそうです。

らぁめん一福【カレーライス】


渋谷区初台にある「らぁめん一福」は、以前ラーメンデスマッチでも紹介されたお店ですが、実はカレーがめちゃくちゃ美味しいのだそうです。
ラーメンよりも先に【カレーライス(650円)】が売り切れることがあるほど!

鶏ガラ&豚骨などを6時間煮込み魚介系のダシを合わせたラーメンにも使用している特製スープに市販のカレー粉&ルーを加えたシンプルな具材のカレーですが、特製スープが絶品のカレーに変えています。
現在では1日10食限定となっています。

正解者の相葉さんいわく、最高のお母さんカレーだそうです。

オクシモロン【エスニックそぼろカリー】


神奈川県鎌倉にあるオクシモロンはコマチ店・二子玉川のお店、どちらも土日は2時間待ちも当たり前の人気店です。

豚ひき肉に8種類のカレースパイス・ナンプラーを合わせて10分炒めることによってタイ風カレーそぼろが完成します。
小ねぎ・三つ葉・パクチー・大葉など大量の薬味を添えて出来る【エスニックそぼろカリー(1,200円)】は東南アジア系の味付けで、クセになる味です。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

グルメ, 嵐にしやがれ

Posted by morimugi