マツコの知らない世界【日本ワイン】山梨・大分・北海道・伊勢志摩サミット

グルメ, マツコの知らない世界

マツコの知らない世界【日本ワイン】
日本のワイン
こんにちは!

6月12日・火曜日のマツコの知らない世界では、今世界で注目されている【日本ワイン】を紹介していました。
ここ数年で格段に美味しくなっている日本ワイン!日本の技術の高さにマツコさんも唸ります!
1年でワインを800種類以上飲む、「神の雫」の原作者・亜樹直さんご姉弟のオススメワインは必見です。




〈目次〉

日本のワインが美味しくなってきた理由

ワインの醸造家が代替わりして、さらに垣根栽培に変わってきているため最近日本のワインが美味しくなってきています。

GRACE EXTRA BRUT2011(泡)

山梨県で作られた、世界最大のワインコンテスト「デギャンター・ワールド・ワイン・アワード」で2016年にアジアで初めて最高賞を獲得された1品です。
白ワインの女王と呼ばれるぶどうの品種「シャルドネ」を使用したスパークリングワインです。
GRACE EXTRA BRUT2011(泡)
1本 7000~8000円

山崎ワイナリー【KERNER DRY 2007(白)】

北海道にある山崎ワイナリーで作られた【KERNER DRY 2007(白)】は、世界で最も影響力があると言われているワイン評論家のロバート・パーカー氏が当時日本最高の87店を与えた白ワインです。
柑橘類のようなフレッシュな香りのぶどう「ケルナー」を使用しています。
山崎ワイナリー【KERNER DRY 2007(白)】
1本 2,916円

安心院葡萄酒工房【安心院ワイン シャルドネ リザーブ2016(白)】

大分県にある安心院葡萄酒工房で作られた【安心院ワイン シャルドネ リザーブ2016(白)】は、白ワイン用の白ブドウ「シャルドネ」から作られているフルーティーな香りと、こってりとした風味が特徴の白ワインです。
安心院葡萄酒工房【安心院ワイン シャルドネ リザーブ2016(白)】
1本 3,644円

ドメーヌ・ミエ・イケノ【ピノ・ノワール2009(赤)】

山梨にあるドメーヌ・ミエ・イケノで作られた【ピノ・ノワール2009(赤)】の「ピノ・ノワール」は味の特性を出すのが最も難しいとされている品種ですが、こちらはブドウ作りから醸造までほぼ1人でこなされています。

ドメーヌ・ミエ・イケノ【ピノ・ノワール2009(赤)】
1本 3,600円

【シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス2012】

【シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス2012】
伊勢志摩サミットのディナーで振る舞われ、各国の首脳陣から絶賛されたのが【シャトー・メルシャン マリコ・ヴィンヤード オムニス2012】です。

【登美ノーブルドール1990】

【登美ノーブルドール1990】
さらに、伊勢志摩サミットで注目されたのが、山梨県甲斐市にある登美の丘ワイナリーで造られた【登美ノーブルドール1990】という貴腐ワインです。
貴腐ワインとは貴腐菌が付着し糖分が濃縮されたブドウで作るワインです。

サドヤ【シャトーブリヤン1962(赤)】

山梨県甲府市にある1917年創業のサドヤで造られた【シャトーブリヤン1962(赤)】は56年前にも関わらず、未だにフレッシュな味がするワインです。

サドヤ【シャトーブリヤン1962(赤)】
1本 54,000円

アンリ・ジャイエ【クロ・パラントュー1978】

フランスのアンリ・ジャイエで作られた【クロ・パラントュー1978】は1本200万の幻のワインです。

1本 約200万円

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)