ヒルナンデス!栄養を捨てない調理方法!ブロッコリー、卵、玉ねぎとアボカドの納豆丼、人参のカレーきんぴら

グルメ, ヒルナンデス!

スポンサーリンク

ヒルナンデス!食材の栄養を捨てない調理方法!

野菜の調理方法
こんにちは!

6月11日・月曜日のヒルナンデス!では、今大ヒット中の本「その調理、9割の栄養捨ててます!」より、栄養を逃さずに調理する方法や保存方法を紹介していました。
目からウロコの新常識は必見です。




〈目次〉

ブロッコリー

ブロッコリーにはビタミンCや食物繊維が豊富で、ビタミンCはレモンの1.2倍もあります。
このブロッコリーをお湯で茹でてしまうと、ビタミンCが流れ出てしまい、6割を捨ててしまっているのだそうです。
正しい調理方法は、レンジや蒸し器を使うことで栄養を逃さずに摂ることが出来ます。

ビタミンDという骨を強くする効果が期待できる卵や魚介類など摂れる食材が限られているものに含まれているもので、卵には豊富に入っています。
卵を目玉焼きにしてしまうと、4割ものビタミンDをムダにしています。
効率の良い調理方法は半熟卵で、もっともビタミンDが多く摂れ、吸収率も高くなるそうです。

納豆

納豆に含まれるナットウキナーゼは50℃以上で活性が鈍くなり、70℃で働きを失ってしまいます。なので、納豆はアツアツのご飯にかけると酵素の6割が死滅していまいます。一番の良い食べ方は、ご飯を茶碗によそってから3分ほど経ったご飯にかけて食べると、ご飯の温度が下がって良いそうです。さらに、アルギニンとナットウキナーゼが睡眠中に作用するので、納豆を食べる一番良い時間帯は夜が良いです。玉ねぎ、アボカドなど

【オニオンとアボカドの納豆丼】レシピ

玉ねぎ、アボカドなどを納豆と組み合わせて頂くと最高の効果を発揮します。オススメレシピは【オニオンとアボカドの納豆丼】!

材料(1人前)

  • ご飯・・・茶碗1杯分
  • 海苔・・・1/2枚分
  • 玉ねぎ・・・1/8個
  • アボカド・・・1/2個
  • 納豆・・・1パック
  • しらす・・・10g
  • しょう油・・・大さじ1/2
  • 柚子胡椒・・・小さじ1/4

作り方

1.納豆にしょう油、柚子胡椒を加えてシッカリと混ぜ合わせます。

2.玉ねぎは細かく刻み、アボカドは1cm角に切ります。

3.ご飯をよそい、海苔、納豆、玉ねぎ、アボカド、しらすの順にのせたら完成です。

人参

人参にはβ-カロテンという体の中でビタミンAに変わるものが多く含まれていますが、生で食べてもほとんど吸収されないそうです。もっとも効率的に摂れる調理方法は油で炒めることで、ビタミンAは油に溶けるため、油と調理することで体内に吸収されやすいくなります。

【にんじんのカレーきんぴら】

もっとも栄養の逃さないカレー粉との相性バツグンのレシピ【にんじんのカレーきんぴら】!

材料(2人分)

  • にんじん・・・1本

《タレ》

  • しょう油・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ2
  • カレー粉・・・小さじ1

作り方

1.にんじんを食べやすい大きさに切ります。

2.《タレ》の材料を混ぜ合わせます。

3.中火に熱したフライパンに油をひき、①のにんじんを加えて炒め、3分ほど炒めたら②のタレを加えて、さらに炒めれば完成です。

きゅうり

きゅうりのビタミンB1を8倍にする食べ方はぬか漬けだそうです。
きゅうり自体には栄養がほとんどないのですが、ぬか漬けにすると、ぬかの栄養成分をきゅうりが吸収してくれます。
カリウム、ビタミンKも3倍になります!

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)