得する人損する人【カツオの刺身と納豆の絶品丼】菊池シェフの朝食レシピ

得する人損する人【カツオの刺身と納豆を寝かせた絶品丼】菊池シェフの朝食レシピ

こんにちは!

今日の得する人損する人では、絶品の朝ごはんレシピを紹介していました。
ミシュラン2つ星の名店、西麻布「き久ち」の総料理長・菊地隆シェフが刺身を一晩寝かせて、翌日の絶品朝ごはんにできる1品、【刺身と納豆を一晩寝かせた絶品丼】を紹介していました。
今回はカツオですが、前日に残ったお刺身なら何でもOKだそうです。
2018年6月28日の得する人損する人内のコーナー「主婦がマネしたいプロ技ベスト8」の第7位
にランクインした使い勝手の良いプロ技です。
レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。



材料(1人分)

  • カツオ・・・50g
  • 納豆・・・1パック
  • 納豆についてたからし・・・1袋
  • 納豆のタレ・・・1袋
  • 塩昆布・・・10g
  • 煮きった日本酒・・・適量
  • 卵黄・・・1個
  • クリームチーズ・・・18g
  • ごはん・・・1人分

作り方

1.カツオをサイコロ状に切り、器に納豆とともに入れます。

2.①に塩昆布、からしを入れ、かき混ぜます。

3.②に煮きった日本酒、卵黄を加え、納豆のタレを卵黄を包むようにかけ、ラップでシッカリと覆い一晩寝かします。

4.ごはんをよそい、クリームチーズを崩してのせ、寝かせた③の卵黄を崩さないようにのせたら完成です。