ヒルナンデス!クーラーの掃除・節約方法と正しい使い方

ヒルナンデス!, 生活

スポンサーリンク

ヒルナンデス!クーラーの掃除・節約方法と正しい使い方

クーラーの使用方法
こんにちは!

5月14日の月曜日のヒルナンデス!では、今から知っておくと便利!クーラーの正しい使い方と節約方法、そしてお掃除のプロが教えるクーラーのお掃除方法を紹介していました。

これからの季節、フル活用するクーラー、少しでもお得に使える方法は必見です!




〈目次〉

エアコンのお掃除方法

エアコンのお掃除するべき場所はフィルター、吹出口、上側だそうです。
上側は長めのモップで2週間に1回掃除すると良いそうです。

フィルターは、自動掃除機能が付いているか確認します。無い場合は2週間に1回ほど掃除をすることが良いそうです。
前面カバーを外し、フィルターを取り外し、掃除機の先にノズルをつけ、ホコリを吸い取ります。油汚れがついている場合は水洗いをしても。

1シーズンお掃除をしないで使い続けた場合、電気代が1割ほど上がってしまうこともあるそうです。

#* 2 *#

試運転

本格的にエアコンを使う前に試運転がオススメだそうです。

①リモコンの電池を確認・交換します。※不具合の問い合わせの8割が電池切れだそうです。

②最低温度にせってして40分間運転します。この時、冷風の出、水漏れ、異常ランプ、異臭、異音がないかをチェックします。※不具合があれば電源を止めてメーカーにお問い合わせください。

#* 4 *#

エアコンの使用方法

エアコンの室外機は日陰に置くのが良いそうです。エアコンの熱を外に出す効果が日向にあると落ちてしまうそうです。さらに、電気代の8割以上が室外機にあるそうです。
どうしても日向にあるお家は、よしずなどを使用して日陰を作ると良いそうです。

カーテンも定期的に(半年に1回程度)掃除すると、エアコンでホコリを舞うのを防ぎ、エアコンの内部も汚さずに済むそうです。カーテンレールも同様だそうです。

最近のエアコンには温度センサーが内蔵されていて、熱を持った家電が近くにあるとエアコンが勘違いをして必要異常に稼働してしまうそうです。なので、一見関係の無さそうなパソコンの電源を切ったり、白熱灯をLEDに切り替えると、エアコンの機能が活かせるそうですよ。

空気清浄機をエアコンの対面に持ってくると、空気の循環が生まれ、より早く冷気が部屋全体に伝わります。さらにホコリを減らしエアコンの効率がアップするそうです。逆に真下に置くと、効率が悪くなるそうです。

#* 6 *#

#* 7 *#

#* 8 *#

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

ヒルナンデス!, 生活