ヒルナンデス!東京ディズニーランド35周年!ディズニーランドの歴史

ヒルナンデス!, 旅行

スポンサーリンク

ヒルナンデス!東京ディズニーランド35周年!風間俊介さんと浅倉大介さんと振り返るディズニーランドの歴史!

travis-gergen-193909-unsplash
こんにちは!
今日のヒルナンデス!では、35周年を迎える東京ディズニーランドの歴史を紹介していました。
芸能界きってのディズニー通の風間俊介さんと浅倉大介さんをゲストに迎えてパーク内を巡りつつ、知らなかった豆知識とともに歴史を振り返ってしました。





〈目次〉

ディズニーランドの歴史

1983年からあるアトラクションや今まで出来たアトラクション!

蒸気船マークトウェイン号

蒸気船マークトウェイン号はディズニーランドの景色を楽しめます。
蒸気船マークトウェイン号が進むアメリカ河は、出航式のさい、実際のミシシッピ川の水を注いだのだそうです。
また、「トム・ソーヤの冒険」が大好きなウォルトディズニーがアトラクションとしてトムソーヤ島を作りました。
そして、「トム・ソーヤの冒険」の著者の名前からマークトウェイン号と名付けられたそうです。
蒸気船マークトウェイン号は4月15日から35周年をお祝いする華やかな装飾で登場するそうですよ。

舞浜駅

1988年には舞浜駅が開業。
地下鉄東西線に乗り、バスという手段を取っていたアクセスでしたが、舞浜駅が開業してさらにディズニーランドが身近なものとなりました。
ちなみに、諸説ありますが浦安市によると「舞浜」はフロリダ州のディズニーワールドの近くの「マイアミビーチ」にちなんで命名されたそうです。

ポップコーン

1983年は「ソルト」のみだったフレーバーが、12年経った1995年に「キャラメル味」が登場し、その後さまざまなフレーバーが登場し、現在では7種類まで増えています。
ポップコーン、レギュラーボックスも今では赤色に変わり、折り曲げるとこぼれにくく持ち歩きしやすいように工夫がされています。
1998年より販売開始されたポップコーンバケットは、初めはバケツ型が主流でしたが、現在は立体的なバケットに進化されています。4月10日より35周年バージョンも発売予定です。

トゥーンタウン

1996年には新エリア・トゥーンタウンが公開されました。
ミッキーと仲間たちが住む街として、映画撮影の合間のミッキーやミニーに会うこともできる人気のエリアです。

エレクトリカルパレード

1985年~1995年には初のナイトパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード」が開催され、2001年にリニューアルし、「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」になり、現在も続く人気パレードとなっています。

今ではLEDが使用されより幻想的な世界を楽しむことができるようになりました。

ディズニーリゾートライン

2001年にはパークを結ぶディズニーリゾートラインが開業。窓やつり革にはミッキーの形があしらわれている人気のモノレールとなっています。
2018年4月15日(日)~2019年3月25日(月)までの間、35周年の特別デザイン「ハピネスセレブレーション・ライナー」が登場します。

ハピネス・イズ・ヒア

2013年より開演30周年「ハピネス・イズ・ヒア」が始まりましたが、今年の4月9日で終了となってしまいます。
4月15日からは開演35周年新パレード「ドリーミング・アップ」が始まりますよ。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

ヒルナンデス!, 旅行