マツコの知らない世界【親子丼の世界】丸亀製麺、玉ひで、メレンゲ、フランス料理の親子丼

グルメ, マツコの知らない世界

スポンサーリンク

マツコの知らない世界【親子丼の世界】

rawpixel-com-485049-unsplash
こんにちは!

今日のマツコの知らない世界では【親子丼の世界】を特集していました。

今までで300種類以上の親子丼と出会ってきた伊藤光さんがチェーン店やコンビニの親子丼や日本各地の親子丼などさまざまな親子丼をご紹介していたのでまとめてみました。




〈目次〉

チェーン店「なか卯」と「丸亀製麺」

24年以上独占し続けているチェーン店「なか卯」は常にレベルアップしています。
なか卯 親子丼 490円(税込)
なか卯 親子丼 490円(税込)

そのなか卯に迫る新興勢力として注目なのが丸亀製麺さんの親子丼です。
注文してから目の前で作ってくれる関西風のネギを使い鶏肉・玉子をダシで味付けしてあるのが特徴です。

丸亀製麺 親子丼 390円(税込)
丸亀製麺 親子丼 390円(税込)

そのチェーン店にも迫るというセブン・イレブンの「特製親子丼」と、ファミリーマートの「だしが決め手!ふんわり玉子の親子丼はコンビニとは思えないほどクオリティが昔とは格段に上がっているそうです。
セブン・イレブンの「特製親子丼」

親子丼の元祖「玉ひで」

人形町にある「玉ひで」は1760年に創業した鳥料理専門店で、1891年に日本で初めて親子丼を作ったお店です。

東京軍鶏のムネ肉とモモ肉の2種類を醤油ベースで味つけしたしっかり味の上品な親子丼です。
親子丼 1,500円(税込
親子丼 1,500円(税込)

老舗の味が大改良!【昆布だし親子丼】

新親子丼の発案のキッカケは海外留学した息子さんが外国人にも食べられる親子丼をと、考えられた1品です。
見た目は玉ひでのマークをイメージされていて、白米の代わりに五穀米を使用しています。トマトやチーズをトッピングして洋風にも、さらにわさび・ごま・鶏スープを加えることでお茶漬けとして楽しむ事ができます。

老舗の味が大改良!【昆布だし親子丼】
昆布だし親子丼 1,380円(税込)

進化形親子丼

親子丼という定義を守りつつアレンジさせた進化形親子丼と言われる親子丼が次々と誕生しているそうです。
SEKAI CAFE(浅草)アジアン親子丼
SEKAI CAFE(浅草)アジアン親子丼

家カフェおたま おたまのふうわり親子丼
家カフェおたま おたまのふうわり親子丼

炭焼笑店 陽(大阪)【大和肉鶏トロふわ親子丼】

大阪府に5店舗展開している居酒屋「炭焼笑店 陽」ではふわふわの食感が楽しめるエスプーマの親子丼が楽しめます。

大和肉鶏トロふわ親子丼 880円(税込
大和肉鶏トロふわ親子丼 880円(税込)

とん唐てん(静岡)【かまくら】

静岡県浜松市にある親子丼・とんかつの専門店「とん唐てん」は季節ごとに親子丼の種類を変えています。

【冷やし親子丼】
夏は【冷やし親子丼】。ジュレでかかっている冷たい親子丼です。

春は【桜バージョンの生親子丼】
春は【桜バージョンの生親子丼】。

秋は【ふわふわ焼きメレンゲ親子丼】
秋は【ふわふわ焼きメレンゲ親子丼】。

かまくら
冬は【かまくら】です。湯葉・卵白・軍鶏のダシを混ぜた白い餡が特徴です。薬味とダシをかけて味の変化も楽しむことが出来ます。

Restaurant La Fins(新橋)

フランス料理店で味わうことができる親子丼は、コース料理の中の1品として楽しむことができます。火を通し味を染み込ませた卵黄に卵白のシートでピラフを包まれていて、別々に味わうとフランス料理ですが、全てかき混ぜると親子丼になる斬新な親子丼です。
フレンチ親子丼

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)