相葉マナブ【おでん博】北海道おでん、金沢おでん、静岡おでん、姫路おでん、愛知味噌おでん、青森生姜味噌おでん

グルメ, 相葉マナブ

スポンサーリンク

相葉マナブ【おでん博】北海道おでん、石川(金沢)おでん、静岡おでん、姫路おでん、にくてん作り方、愛知味噌おでん、青森生姜味噌おでん

おでん
こんにちは!

今日の相葉マナブでは、全国のおでんを味わって各地の特色の違いを学んでいました。

地方によって違いはあれど、すべてが特徴的で美味しそう! なのでまとめてみました。

旅行や観光に行った際の楽しみの1つに加えてみるのも楽しそうです。




〈目次〉

北海道おでん

北海道おでん
海の幸、山の幸がふんだんに入ったおでん。出汁はカツオと昆布+貝の旨味が出ています。

特徴のある具材といえば、「ツブ貝」や「ホッキ貝」、「タチ」と言われているタラの白子があります。
タチ
また、北海道といえばじゃがいも!おでんの出汁が染み込んで絶品となります。

静岡おでん

静岡おでん
ご当地グルメの代表格!特徴的な真っ黒な出汁は甘みのある醤油ベースの出汁に牛すじの出汁を使用している肉出汁が合わさりコクを出しています。

代表的な具材は、サバやイワシなどの骨や皮も取り除かずに使用して作る「黒はんぺん」です。「だし粉」というサバ・イワシの削り粉と青のりを合わせたものをつけて食べると絶品です。

また、肉系、静岡おでんのルーツは大正時代に当時は捨てられていた牛すじや豚モツを煮込んで食べたことが始まりだと言われてます。
肉の具材の中でも珍しいのが「フワ(牛の肺)」はぜひ味わってみたいものです。
フワ

石川(金沢)おでん

石川(金沢)おでん
金沢おでんと呼ばれ、人口に対してのおでん屋さんの数が全国1位というほど親しみが深いおでんは他では見るも珍しい異色の具材が並びます。

珍しい具材は、油揚げの中にひき肉や野菜を詰めた肉いなりという金沢おでんの定番食材や、車麩、ふかし、赤巻、バイ貝などがあります。

中でも珍しいのが「カニ面」と呼ばれる、石川県で水揚げされるズワイガニのメス(香箱ガニ)を丸ごと使用した貴重な具材です。
カニ面

姫路おでん

姫路おでん
関西おでんの中でも独自の進化を遂げた姫路おでんは、カツオと昆布の澄んだ出汁をベースにした薄味の出汁になっています。

中でもオススメは、マダコの漁獲量が全国トップクラスの明石港で捕れた「明石のタコ」に、生姜醤油をつけて頂く食べ方です。
マダコ
また、「かしわ」というほろほろに煮込まれた手羽元がゴロッと入っているのも特徴です。

さらに、余ったおでんで作る高砂市の家庭料理「にくてん」も一度味わってみたいものです。

【にくてん】作り方

1.おでんの具材のじゃがいも、こんにゃく、牛すじを粗みじん切りにします。

2.フライパンに油を引いて生地を薄くのばし、カツオの削り節、小口切りにしたネギを散らします。

3.切ったジャガイモ、せん切りキャベツの順でのせたら残りの具材、天かすをのせ、もう一度上から生地をかけます。

4.③をひっくり返し中に火が通ったら器に盛りつけ、ソースと刻んだ紅ショウガをのせて完成です。
にくてん

愛知味噌おでん

愛知味噌おでん
八丁味噌ベースの出汁で煮込まれたおでんは、関東ではお目にかかれない具材ばかりです。
中でも特徴的なのは、名古屋では一般的な「里芋」、愛知や岐阜のローカルフード「角麩」があり、また「卵」はごはんの上にのせて割り、おでん出汁をかけて食べるのが、よりオススメです!
卵

青森生姜味噌おでん

青森生姜味噌おでん
出汁は一般的なカツオ出汁ですが、「ネマガリダケ」という北国を代表する山菜が味わえ、さらに味噌と生姜を酒と出汁でのばしたタレにつけて頂くのが青森流です。

「大角天」はさつま揚げを薄くした練り物で、出汁が染み込み旨味が味わえます。

大角天

※今すぐご家庭でも簡単だけど旨味いっぱいのおでんを!【和食の達人・村田明彦シェフの鶏手羽と自家製つみれのおでん】レシピもオススメです。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

グルメ, 相葉マナブ