マツコの知らない世界【みかんの世界】的兵みかん、せとか、甘平、はるか、土佐文旦、越冬紅

マツコの知らない世界【みかんの世界】

keilidh-ewan-196889
こんにちは!

今日のマツコの知らない世界では【みかんの世界】でした。

全国のみかん農家を巡る東大生の清原優太さんがオススメする、みかんは一度味わってみたいものばかりです!

一流の農家さんがこだわり抜いた最高級のみかんは必見です。




〈目次〉

【的兵みかん】

全国の農家に影響を与える的場 清さんの【的兵みかん】は幻の逸品とも言われています。糖度13~15度あり、コクの果汁と爽やかな風味が特徴です。徹底した品質管理で時間が経っても味の劣化が少ないのです。

成城石井の【三枝 孝裕さんのみかん】

ヘタが小さく、肌がきめ細やかで皮と実に隙間がないほど甘くて美味しいそうです。
オススメは、実はみかんの品揃えがバツグン!の成城石井の【三枝 孝裕さんのみかん】だそうですよ。

【JA蒲群柑橘組合 せとか】

尾崎智彦さんが生産した【せとか】は、溢れ出す果汁と濃厚でゼリーのような食感が最大の魅力だそうです。清見✕アンコールとマーコットの交配でできたみかんで、みかん界の大トロとも言われ、酸味と甘さのバランスが秀逸!

【甘平】

愛知県の離島、中島で育てている【甘平】は食感バツグンの大粒の果肉であり、酸味が少なく強い甘さが特徴の食べごたえのあるみかんです。果汁が少ないため皮をむいた時パリパリと音が鳴ります。栽培している農家さんが少なく希少な品種です。

【はるか】

本来のはるかは皮がむきづらいのですが、二宮さんのはるかは手でむけるほど柔らかく、レモン色をした見た目に反し、酸味が少なく爽やかな甘さが特徴です。

二宮 新治さん作 Nino farm はるか 1個80円

【土佐文旦】

最上級の砂じょうのプリプリ感を持ち、爽やかで清々しい香りが特徴です。

高知県民 御用達の皮むき器!ムッキーちゃんを使ってキレイに皮をむけばインスタ映えも!

【越冬紅】

11月に出荷するみかんを1月まで完熟させ、甘さを増加させているそうです。糖度は17度と、通常のみかんの糖度をはるかに上回る数値です。

オススメ記事一覧(一部広告含む)