相葉マナブ 冬魚の目利き!鮭、タラ、サワラの美味しい選び方と目からウロコレシピ

相葉マナブ 冬魚の目利き!鮭、タラ、サワラの美味しい選び方と目からウロコレシピ!

patrick-browne-480576
こんにちは!

今日の相葉マナブでは、冬の魚の美味しい部位と選び方、そして調理方法を紹介していました。

高級鮮魚店「根津松本」の店主だからこそ知っている目利き方法は必見です!

ポイントと調理方法を詳しく紹介したいと思います。




〈目次〉

鮭の目利き

鮭は身が引き締まっている、しっぽ側より脂肪を蓄えている内蔵がある頭側の方が美味しいです。
なので、スーパーなどではお腹側の白い膜が多い方を選ぶのがオススメです。
そして、特に美味しいのはカマツギの部分です。
カマの部分は脂はのっていますが臭みが残りがちです。カマの次にとれる部位、カマツギの部分は臭みもなく脂がのっていて最高に美味しいのだそうです。

【松本流 鮭のムニエル】レシピ

冬の鮭は産卵を終えて痩せているため、脂身が少ないそうです。脂を足すということで、オススメなのがムニエルだそうです。
【松本流 鮭のムニエル】レシピ
作り方

1.鮭の皮を引き、小麦粉をまぶし、塩・コショウで味つけをします。
✱POINT✱
●皮は別で焼くため、とっておきます。

2.フライパンにバターをひき、①をこんがりと焼きます。皮にも小麦粉をつけ、パリパリに焼きます。

3.器に②で焼いた身と皮を盛りつけたら完成です。

タラの目利き

タラは身が透明な方が鮮度が良く、身がプリッとしているそうです。
また、タラは皮やウロコからすぐに臭みが出てしまうため、ウロコを処理している「すき引き」をしている方がオススメです。
すき引きが出来ない場合は、塩を振り水分を出し、霜ふりをして氷水に洗ってから使用する下処理をするのがオススメです。

【タラのタルタルソースフライ】レシピ

タルタルソースを挟んで揚げる斬新レシピ!ありそうでなかった目からウロコレシピです。

作り方

1.タラの身に縦に切り込みを入れ、タルタルソースを挟み込みます。

2.形が崩れないように小麦粉、卵、パン粉の順で衣をつけて揚げ油できつね色になるまで揚げて完成です。

サワラの目利き

実は旬の魚!
身が白のは時間が経って全身に脂がまわった証拠だそうです。
なので、スーパーでは白い方を選ぶのがオススメです。

【松本流 サワラの時短西京漬け焼き】レシピ

たった30分で西京漬け焼きが漬けられる!
【松本流 サワラの時短西京漬け焼き】レシピ
《西京漬け焼きの味噌》

白味噌・・・500g

みりん・・・7g

しょうゆ・・・5g

作り方

1.サワラを半分に切ります。

2.《西京漬け焼きの味噌》の材料を混ぜ合わせておきます。

3.バットに②を敷き、サワラをのせ、再び②を被せるように上からかけ30分寝かせます。

4.30分後、身を取り出し、味噌を拭き取り、フライパンで焼けば完成です。

※美味しく簡単に冬の魚を食べれる方法は他にもたくさん!【ヒルナンデス!旬の魚を美味しく食べる方法】もオススメです!

オススメ記事一覧(一部広告含む)

レシピ, 相葉マナブ

Posted by mugimeshiblog