男子ごはん【ひらひら柚子こしょう鍋】【ねぎと豚肉の包み焼き】レシピ

レシピ, 男子ごはん

スポンサーリンク

男子ごはん 体の芯まであったか!【ひらひら柚子こしょう鍋】【ねぎと豚肉の包み焼き】レシピ

【ひらひら柚子こしょう鍋】【ねぎと豚肉の包み焼き】レシピ
こんにちは!

今日の男子ごはんでは、身体の芯から温まる鍋を紹介していました。

豚バラ肉にピーラーで削ったシャキシャキ合わせて食べれば、ピリッとした辛さで身体の芯からポカポカになります。
心平さん流のシメまで楽しめる新しい鍋は必見です。
付け合せは
餃子の皮でネギ、豚バラの旨味を包んで美味しく!超カンタンにできる【ねぎと豚肉の包み焼き】も献立として役立ちます。
レシピとポイントを紹介したいと思います。





〈目次〉

【ひらひら柚子こしょう鍋】レシピ

パッと作れる!柚子こしょうで体の芯からポカポカ!
【ひらひら柚子こしょう鍋】レシピ

材料(2人分)

  • 白菜・・・1/4個
  • 長ねぎ・・・15cm
  • 大根・・・15cm
  • 油揚げ・・・1枚
  • 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用)・・・350g
  • しょうゆ・みりん・酒・・・各大さじ2
  • 塩・・・小さじ5
  • 柚子こしょう・・・大さじ1/3~1/2
  • かつおだし・・・800cc
  • ゆずの皮・・・少々

《シメ》

  • ごはん・・・1合分(300g)
  • ゴマ油・・・大さじ1

作り方

1.白菜は5cm幅に縦に切ります。長ねぎはみじん切りにし、大根は皮をむき、ピーラーで薄切りにします。

2.油揚げはグリルでこんがりと焼いて食べやすい大きさに切ります。

3.土鍋にかつおだしを煮立て、しょうゆ、みりん、酒、塩、柚子こしょうを加えます。
✱POINT✱
●柚子こしょうの塩分があるので、味をみながら塩を調節してください。

4.③に白菜を加え、少ししんなりしたところに豚肉の1/3量を広げながら並べ入れます。
色が変わってきたら大根の1/3量くらいを加え、 油揚げをのせ、長ねぎを振ってゆずの皮を加えてたら完成です。
✱POINT✱
●白菜と大根の煮る時間を変えることで、野菜の食感の強弱を楽しむことが出来ます。
●具材が少なくなってきたら足しながら召し上がってください。 

5.シメのおこげを作ります。
フライパンにごま油(大さじ1)をひき、ごはんを薄くのばし弱火で5分ほどじっくりと焼きます。
たまに返しながら両面をきつね色にカリカリに焼いたら、鍋の残りの煮汁を火にかけ、おこげを加えてひと煮し完成です。

【ねぎと豚肉の包み焼き】レシピ

お弁当にも!餃子の皮と豚肉で2度巻きすることで旨味アップ!
【ねぎと豚肉の包み焼き】レシピ

材料(2人分)

  • 豚肩ロース肉(しゃぶしゃぶ用)・・・8枚
  • 万能ねぎ・・・1束
  • 餃子の皮・・・8枚
  • 塩・黒こしょう・・・各少々
  • ゴマ油・・・適量
  • 酢・しょうゆ・ラー油・・・各適量

作り方

1.万能ねぎは根元を切り落とし、8cm程度の長さに切り餃子の皮の大きさに合わせます。
✱POINT✱
●万能ねぎは、かいわれ大根、ニラ、白菜、三つ葉など生で食べられる野菜に代用可能です!
●万能ねぎは細い部分と太い部分を混ぜておくことで、焼いた時の火の通りを均一にすることが出来ます。

2.豚肉を1枚ずつ広げて片面に塩・黒こしょう(少々)を振り、万能ねぎ(1/8量)を取り豚肉で巻き、さらに餃子の皮(1枚)で豚肉を巻きます。巻き終わりを水をつけて留めます。
✱POINT✱
●万能ねぎをたくさん巻き込み豚肉の脂を吸わせることでジューシーな味わいになります。

3.フライパンにゴマ油(大さじ1/2)をひき、閉じ口を上にして②の豚肉を入れ、強めの中火でフタをして、たまに転がしながら全体に焼き目をつけます。足りなければゴマ油を足しながら焼きます。
✱POINT✱
●餃子の皮を外側で焼き上げることで、カリカリな食感が追加されます。

4.餃子の皮がパリパリになったら器に盛りつけ完成です。お好みで酢醤油などで召し上がってください。
✱POINT✱
●男子ごはん「裏トーク」内で紹介されていた変わりダネ調味料の「パクチー醤油」をつけて食べても絶品だそうです。

※餃子特集は男子ごはんでも沢山紹介されています。【男子ごはん 海鮮炒り卵餃子】レシピもオススメです。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

レシピ, 男子ごはん

Posted by mugimeshiblog