ノンストップ!笠原将弘レシピ【鮭とカブの竜田揚げ】

ノンストップ, レシピ

スポンサーリンク

ノンストップ!笠原将弘のおかず道場【鮭とカブの竜田揚げ】レシピ

こんにちは!

今日のノンストップ!内のコーナー「笠原将弘のおかず道場」では【鮭とカブの竜田揚げ】を紹介していました。

鮭とカブを竜田揚げにして絶品合わせダレで頂く、食感の違いを楽しめる、寒くなる時期にピッタリの簡単レシピです。
和食の達人の笠原流のテクニックは必見です。
レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。





〈目次〉

材料(2人分)

  • 生鮭・・・ 2切れ

《鮭の下味》

  • しょうゆ・みりん・・・各大さじ1
  • 粗挽き黒こしょう・・・適量
  • カブ・・・1個
  • 片栗粉・・・適量

《合わせダレ》

  • カブの茎・・・1個分
  • 卵黄・・・1個分
  • ゴマ油・みりん・酢・・・各大さじ1/2
  • 塩・・・適量
  • スダチ・・・1/2個

作り方

1.生鮭は小骨を抜いて一口大の大きさに切り、《鮭の下味》の材料を揉み込み10分ほどおいて下味をつけます。

2.カブは皮をむき、くし切りにしたら片栗粉をまぶし、①の鮭も水気をペーパータオルなどで拭き取ったら片栗粉をまぶします。
✱POINT✱
●片栗粉はたっぷりめにまぶしたほうがサクッと仕上がります。

3.揚げ油に鮭は3分ほど、カブは6分ほど揚げていきます。
✱POINT✱
●カブは長めに揚げることで、トロッと揚げあがります。

4.《合わせダレ》を作ります。
カブの茎を小口切りにしたら塩を揉んで水気を切ります。そこへ、卵黄、ゴマ油、みりん、酢を合わせよく混ぜ合わせます。
✱POINT✱
●カブの茎と卵黄で絶品合わせダレを仕上げます。

5.③の鮭をカブを器に盛りつけ、半分に切ったスダチ、塩、④のタレを添えたら完成です。
※余ったカブは洋食にもピッタリ!【カブのクラムチャウダー】レシピもオススメです。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)

ノンストップ, レシピ

Posted by mugimeshiblog