簡単!シンガポール風 ポークリブの薬膳スープ【バクテーの素使用】MOCO’Sキッチンレシピ

2019年8月19日MOCO’Sキッチン, エスニック, レシピ

2016年10月24日のMOCOSキッチンでは【もこみち流シンガポール風 ポークリブの薬膳スープ】を紹介していました。
市販のバクテースープの素を使用してコトコト煮込むだけでシンガポール名物のバクテーの出来上がり!
作り方とポイントを詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

もこみち流シンガポール風 ポークリブの薬膳スープ

材料

スペアリブ・・・5本

水・・・700ml

にんにく(スライス)・・・2片

しょうが(スライス)・・・2片

クコの実・・・大さじ1

塩・こしょう・・・各少々

バクテースープの素・・・10g

酒・・・50ml

薄口しょうゆ・・・大さじ1/2

ふくろ茸・・・3個

小松菜・・・2本

長ねぎ・・・1/2本

青ねぎ(小口切り)・・・2~3本分



作り方

1. スペアリブは熱湯にさっとくぐらせたら、水に取りきれいに洗い水気を拭き取ります。

2. 煮込み用鍋に①のスペアリブ・水・スライスしたにんにく・しょうが・クコの実・半分に切ったふくろ茸・薄口しょうゆ・酒・バクテースープの素を入れて強火にかけます。

3.②の鍋が沸騰したらアクを取って弱火にし、60分ほど煮ます。

4.長ねぎは斜め切りに、小松菜は3〜4cmの長さに切ります。

5.③の鍋に④の野菜を入れて2〜3分煮、小口に切った青ねぎを散らして完成です。

POINT!

①ポークリブは周りの色が白くなったら取り出し、湯引きして表面についている余分な油を取り除きます。

②旨味が出るように水から煮る。バクテースープがスーパーなどに無い場合は鶏がらスープの素でもOKです。

ちなみにバクテースープの素とは・・・にんにく、しょうが、クローブ、フェンネル、セージ、シナモン、八角などを調合した粉末調味料のことです。

まとめ

コトコト煮ることでコクとうま味が増します。
小松菜など手に入りやすい材料でもバクテースープの素を使用することで異国の味を味わえるのも楽しいですね。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)