世界一受けたい授業・オキシトシンで科学的に幸せになる方法

世界一受けたい授業, 生活

スポンサーリンク

世界一受けたい授業・オキシトシンで幸せになる方法

科学的に幸せになる方法
2018年8月11日・土曜日の世界一受けたい授業では、科学的に幸せになる方法を紹介していました。

オキシトシンという幸せホルモンを出すことで人は幸せを感じるそうです。

オキシトシンを日常の工夫次第で増加するそうです。また、女性の方がオキシトシンが出やすく、さらに、小さい頃に沢山抱きしめられた子どもは大人になってもオキシトシンが出やすいそうですよ。
小さな工夫でオキシトシンを出して幸せ感に包まれたいですね。




〈目次〉

①「手をつないで見つめ合う」

手をつないで見つめ合うことで、オキシトシンが増加するそうです。手をつなぎながら話す内容は何でもかまわないので、見つめ合うことがポイントです。

②「大好物を食べる」

大好物を食べて満足することでオキシトシンが増加するそうです。

③「ハグをする」

ハグをすることでオキシトシンが増加します。好意のある人とハグをすることで、平均50%増加するそうです。

④「電話をかける」

会わずとも、家族や親友など信頼する人の声を聞くことでオキシトシンは増加します。さらに、電話中に抱き枕を抱きながら通話をすることで、電話の相手を抱きしめているような感覚になり、さらにオキシトシン増加を促すそうです。

⑤「アロマを嗅ぐ」

オキシトシンは匂いにも反応します。特に女性ホルモンを促すクラリセージがオススメです。

⑥「かわいい動物を見る」

かわいい動物を見ることでオキシトシンは増加します。麻布大学の実験では人間に見つめられると動物の方にもオキシトシンは増加することがわかっています。

⑦「全員でけん玉成功」

けん玉を成功する自体に関係はありませんが、全員で協力して成功させ、達成を感じることでオキシトシンが増加するそうです。

⑧「好きな人の写真を見る」

好きな人の写真を見ることでオキシトシンが増加します。

⑨「マッサージをする」

マッサージをしてもらうのではなく、マッサージをしてあげるとオキシトシンが増加します。

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)