マツコの知らない世界【中華そば】ミルクホール・道頓堀・ゆりや食堂・ラーメン一久

グルメ, マツコの知らない世界

スポンサーリンク

マツコの知らない世界【中華そば】

中華そばの世界
こんにちは!

2018年6月26日・火曜日のマツコの知らない世界では、懐かしい【中華そば】の世界を紹介していました。
1万杯ラーメンを食べた内田元さんが紹介する昔ながらの懐かしい味わいの老舗ラーメン店から、チェーン店でも食べられる絶品のラーメンは必見です。




〈目次〉

中華そば御三家「春木屋」「来集軒」「萬福」

1949年創業、東京・荻窪にある「春木屋」は魚介を効かせたダシにコシが強い中太の自家製麺が特徴です。
春木屋・中華そば(850円)
中華そば(850円)

1950年創業、東京・浅草にある「来集軒」は、かなり油が多く甘めのスープは、メンマの味が溶け出しているのだそうです。
来集軒・ラーメン(650円)
ラーメン(650円)

1929年創業、東京・銀座にある「萬福」は、あっさりしたスープに、昔ながらの黄色い玉子麺を使用。そして、もともと洋食屋さんのコックだった創業者がオムライスのような薄い卵焼きを発案し、ラーメンにのせたそうです。
萬福・中華そば(700円)
中華そば(700円)

東京・神田「栄屋ミルクホール」

東京・神田「栄屋ミルクホール」
1945年創業の東京・千代田区神田多町にある「栄屋ミルクホール」は外観から美味しい!毎朝5時から丁寧に仕込むスープは隠し味にショウガを入れるのがポイント。濃厚なのにサッパリとした味わいが生まれます。
ラーメン(650円)
ラーメン(650円)

東京・板橋成増「中華めん処 道頓堀」

東京・板橋成増「中華めん処 道頓堀」
1985年創業、東京・板橋区成増にある「中華めん処 道頓堀」はかなり強めにきかせた魚介ダシは煮干し、カツオ、サバを丁寧に煮込んだです。
麺は少し太めのもっちりとした自家製麺を使用しています。麺そのものを楽しめるように3種類の小麦粉をブレンドしています。
実は、ラーメン以外のものも作るのが得意だそうで、季節限定のアイスが美味しいらしいです。
中華そば(700円)
中華そば(700円)

期間限定アイスクリーム パイナップルバナナ味(250円)
期間限定アイスクリーム パイナップルバナナ味(250円)

有名チェーン店のオススメ中華そば「餃子の王将」「くら寿司」

「餃子の王将」の【日本ラーメン】は、全て国産の食材を使用し、白醤油で仕立てたスープが特徴の本格的な味です。お店によって味が変わるそうですよ。
日本ラーメン(691円)
日本ラーメン(691円)

くら寿司の【7種の魚介醤油らーめん】は昆布、カツオ、サバ、うるめイワシ、カタクチイワシ、ホタテ、グチから取ったダシを使用。
10年間も試作を重ねて完成した1品。さらに、各店舗で毎朝スープを仕込んでいる本格派ラーメンです。
7種の魚介醤油らーめん(399円)
7種の魚介醤油らーめん(399円)

北海道・札幌市「ゆりや食堂」

北海道・札幌市「ゆりや食堂」
1946年創業、北海道札幌市にある「ゆりや食堂」は大正時代銭湯だった建物を改築したお蕎麦屋さんです。蕎麦にも使うカツオと昆布のだしでスープを作り優しい味のするスープに。さらにざるで麺を茹でるのもお蕎麦屋さんならでは。
ラーメン 460円
ラーメン 460円

岡山県・笠岡市「ラーメン一久」

岡山県・笠岡市「ラーメン一久」
1983年創業、岡山県・笠岡市にある「ラーメン一久」は、駅から離れた人気の少ない山道にポツンと建っているそうですが、かなりの人気店です。
鶏肉を煮込んだ醤油をスープのタレに使い、スープにも具にも卵を産んだ鶏を使うそうです。
中華そば(600円)
中華そば(600円)

#* 7 *#

スポンサーリンク

オススメ記事一覧(一部広告含む)