スポンサーリンク

男子ごはん【海鮮炒り卵餃子】【タコと鮭のガーリックチャーハン】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男子ごはん【海鮮炒り卵餃子】【タコと鮭のガーリックチャーハン】レシピ

こんにちは!

今日の男子ごはんでは【海鮮炒り卵餃子】と【タコと鮭のガーリックチャーハン】を紹介していました。

チャーハンにはタコと鮭を使い、にんにくと山椒を加え大人味に仕上げ、餃子にはタラとエビをたっぷり使い、炒り卵を加えることで新食感に仕上げている、ひき肉やにんにくを使わない海鮮にこだわったメニューとなっています。
レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。





〈目次〉

【海鮮炒り卵餃子】

人気企画第9弾!餃子のレパートリーが広がります。

材料(2人分)

  • 餃子の皮(大判)・・・20枚 
  • 生タラ・・・250g 
  • エビ・・・10尾(150g) 
  • 万能ねぎ・・・10本 
  • しょうが・・・1片 

《炒り卵》

  • 卵・・・2個 
  • 砂糖・・・小さじ1 
  • 塩・・・小さじ1/4 

《a》  

  • 酒・・・大さじ2
     
  • オイスターソース・・・小さじ2
     
  • 片栗粉・・・小さじ1
     
  • 塩・・・小さじ1/2 
  • サラダ油・・・大さじ1 
  • 水・・・100cc 
  • ごま油、片栗粉・・・各適量 

《餃子のタレ》

  • かつおだし・・・大さじ3 
  • しょうゆ・・・大さじ1 
  • 酢・・・大さじ1/2 
  • 砂糖・・・小さじ1

作り方

1.卵を溶いて塩、砂糖を加えて混ぜ合わせたら、フライパンを熱して卵液を入れてポロポロになるまで炒め、取り出して粗熱を取っておきます。

✱POINT✱
●炒り卵を先に使って冷ましておくことで、他の海鮮のタネに火が入りません。

2.万能ねぎは小口切りにし、しょうがはみじん切りにします。タラは骨と皮を取り除き包丁で細かくひきちぎるように切っていきます。
エビは殻をむいて背ワタを取り、包丁の腹で潰してから細かく叩きます。

3.ボウルに①の炒り卵、②のタラ、エビ、万能ねぎ、しょうが、《a》の材料を入れてよく混ぜ合わせます。

4.③を混ぜ合わせたら、餃子の皮の縁に水(分量外:適量)をぐるりとつけ、真ん中にタネ(ティースプーン1杯分)をのせ、包むように半分に折り、ひだを寄せながらピッチリと閉じます。

5.フライパンに④の餃子(半量)の底に片栗粉をつけて並べ、サラダ油(大さじ1/2)を回し入れて強火で焼きます。焼いている間に《餃子のタレ》を混ぜ合わせておきます。

6.⑤がチリチリと音がしてきたら水(50㏄)を足し、蓋をして蒸し焼きにします。
水分が少なくなってきたらごま油を足してこんがりと焼き上げ、 焼き目が上になるようにして器に取り出します。残り半量も同様に焼いたら完成です。
よく混ぜた餃子のタレを添えます。

【タコと鮭のガーリックチャーハン】

大人味の絶品チャーハンです。

材料(2人分)

  • 茹でタコ・・・80g 
  • 甘塩鮭・・・1切れ(90g) 
  • にんにくの芽・・・5本 
  • にんにく・・・3片 
  • 長ねぎ・・・15㎝ 
  • ごはん・・・400g 

《a》  

  • しょうゆ・・・大さじ1/2
     
  • みりん・・・大さじ1
     
  • 塩・・・小さじ1/2 
  • 山椒粉、黒こしょう・・・各適量 
  • サラダ油・・・大さじ1/2 
  • ごま油・・・大さじ1/2

作り方

1.タコは1㎝角に切り、にんにくの芽は小口切りにします。
にんにくは横に薄切りにし、長ねぎはみじん切りにします。

2.《a》は合わせておきます。

3.フライパンを熱してサラダ油(大さじ1/2)をひき、塩鮭を入れて中火で両面に焼き目がつくまで焼きます。焼き目がついたら骨と皮を取り除き、身をほぐしながら強火で炒めます。ごま油、にんにくを足して、鮭がパラッとしてきたらにんにくの芽、タコの順に加えて炒めます。

4.③の具材に油が回ったら、ごはんを加えてフライパンの底に軽く押し付けて焼き付けます。
水分が飛んできたら、かたまりをほぐしながら炒めていきます。
ご飯がパラッとしてきたら②で合わせた《a》を鍋肌から回し入れ、更に、黒こしょう、山椒粉を加えて炒め合わせます。仕上げに長ねぎを加えてザッと混ぜ合わせ器に盛りつけけたら完成です。
✱POINT✱
●ごはんを押し付けるように焼き、水分を飛ばすことでパラっと仕上がります。
●長ねぎを加えたら混ぜ合わせすぎに注意が必要です。混ぜすぎると香りが飛んでしまいます。
※餃子企画第8弾!【男子ごはん パクチーたっぷり香味野菜餃子】もオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました