きょうの料理【夏野菜の揚げびたし】大原千鶴レシピ

スポンサーリンク

きょうの料理【夏野菜の揚げびたし】大原千鶴レシピ

2018年8月16日・木曜日のきょうの料理では、、料理研究家の大原千鶴さんが【夏野菜の揚げびたし】の作り方を紹介していました。

【めんつゆ】を使用して作る揚げびたしは、旬の野菜が色鮮かなご飯の進む1品に変身します。
冷蔵庫で一晩冷やしても美味しいですよ。 
レシピとポイントを詳しく紹介したいと思います。




〈目次〉

材料(2~3人分)

  • めんつゆ・・・1カップ
  • かぼちゃ・・・150g
  • ピーマン・・・2個
  • なす・・・1~2個(150g)
  • ヤングコーン・・・6~8本
  • トマト(小)・・・2~3個
  • ショウガ(千切り)・・・少々
  • 揚げ油

作り方

1.かぼちゃは種とワタを取り除き、1.5cm幅に切ります。ナスはヘタを切り、縦半分に切ってから皮に細かく斜めの切れ目を入れて長さを半分に切り、水に5分さらし水気を拭きます。ピーマンは縦半分に切り、ヘタと種を取り、トマトはヘタをくり抜きます。

2.揚げ鍋にかぼちゃを入れて揚げ油を注ぎ、中火にかけてじっくりと揚げます。カラッと揚がったら取り出し、続いて170℃でなす、ピーマン、ヤングコーンの順で揚げ、最後にトマトを数秒だけ揚げ皮をむきます。

3.②の野菜を保存袋に入れ、めんつゆを注いで30分以上置きます。

4.③を器に盛りつけ、ショウガの千切りをのせたら完成です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました